作品 映画館 ニュース

DIG!

1990年にヘイト・アシュベリーにて結成、60年代ガレージ系サウンドを醸し出すバンド、“ブライアン・ジョーンズタウン・マサカー(BJM)”。その良き友人でライバルであるポートランド出身の“ダンディ・ウォーホルズ(DW)”。出会った瞬間から両バンドは深い絆で結ばれる。しかし利益第一の音楽業界の中、互いに方向性の選択に迫られたとき、彼らの関係にはひびが入っていく。メジャー・レーベルから注目を浴びつつも、BJMのリーダー、アントン・ニューコムは徹底したアンチ商業主義を貫き、独自の道を突き進む。自分の音楽に絶対的な自信を持ち、他人に指示されることが大嫌いなアントンは、ライヴで言うことをきかないメンバーと乱闘、ヤジをとばす客の頭を蹴り飛ばす。そんなアントンのまさにロックンロールな生き方が、業界にうまく順応していくDWのリーダー、コートニー・テイラーのナレーションによって描かれ、米音楽業界の表と裏を浮き彫りにする。

解説

2つのインディーズ・バンド、“ブライアン・ジョーンズタウン・マサカー”と“ダンディ・ウォーホルズ”の愛憎相反するライバル関係を7年間にわたって追いかけた音楽ドキュメンタリー。2004年のサンダンス映画祭ドキュメンタリー部門で審査員グランプリを受賞。

2006年04月01日より

  • 配給
  • キングレコード
  • 製作国
  • アメリカ(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら