作品 映画館 ニュース

人形霊

その昔、着物の似合うひとりの女性に恋をした人形作りの男がいた。彼女への想いから、彼は彼女にそっくりの着物人形を作り愛を注いだ。その彼のまっすぐな気持ちを受け入れ、やがて二人は結ばれるが、人形は忘れ去られてしまう。そのとき男は知らなかった。人形も人を“愛せる”ということを…。ふたりの幸せな日々は長くは続かず、やはり彼女に想いを寄せていた別の男が嫉妬に狂い、彼女を殺してその罪を彼にかぶせる。彼は捕らえられ、無実の罪で殺されてしまう。激しく殴られ、息絶えていく男の目に最期に映ったのは、あの人形の顔だった…。60年後、森の奥深くに建てられた古びた人形ギャラリー。新進気鋭の彫刻家ヘミ(キム・ユミ)、明るい女学生ソニョン(イ・ガヨン)、野心的な写真家ホン(イム・ヒョンジュン)と男性モデルのテスン(シム・ヒョンタク)、そして球体関節人形を愛する少女ヨンハ(オク・ジヨン)の5名が、美術館のチェ館長(チョン・ホジン)と人形師のジェウォン氏によって、この洋館に招待された。館内は様々な等身大の人形で埋め尽くされ、その過剰なまでの精巧な美しさは、ゲストたちの一挙手一投足をまるで監視しているかのようだ。ギャラリーに到着したヘミは、遠くから自分を見つめている少女ミナ(イム・ウンギョン)の存在に気づく。初対面のはずなのに、なぜかミナは自分のことを昔からよく知っていると言う。全くそんな記憶のないヘミだが、いつも寂しそうにしているミナを気遣う。ある日、ヨンハの人形が、目が飛び出て首が切られた状態で発見された。誰かが、これは大昔に魂を持った人形を殺すときに使われたやり方だと言う。そしてゲストたちは、自分たちが持つ人形に関する知識について語り始める。話しているうちに、彼らはそれぞれの故郷に伝わる人形の呪いの話が、全く同じであることに気づく。偶然という言葉では表せない、何とも言えない不気味な空気に包まれているような感覚に襲われ、思わず言葉を失うのだった。愛らしい人形たちが、彼らを恐怖の館へと追い詰めているのを、ゲストたちは誰も知らなかった。そして、人形をなくしてから異常に神経過敏になってしまったヨンハが、何者かに殺される。その体は人形に飾り立てられ、天井の扇風機にぶらさげられていた。誰が殺したのか? 怯えるゲストたちは、静けさに包まれた洋館で起こった事件にお互いへの疑いをつのらせていく。しかし、それは殺戮劇の序章に過ぎなかった。次にソニョンが二人目の犠牲者となる。ちょうどその時間に姿の見えなかったヘミに、向けられる疑惑の視線。また、ゲストのひとりであるモデルと称していたテスンは、実は刑事だった。2週間前に発見された殺人事件の被害者がこのギャラリーで雇われていたことを知り、捜査のために潜り込んだのだった。一連の殺人事件の犯人をヘミだと思い手錠をかけるテスンと、それを必死に否定するヘミ。そして二人の前に、人形師のジェウォン(キム・ボヨン)が現れる。

解説

怨念を宿した人形が次々と災厄をもたらすコリアン・ホラー。監督は武侠アクション大作「アウトライブ−飛天舞−」の脚本家チョン・ヨンギ。出演は「リザレクション」でデビューした人気アイドル、イム・ウンギョン。

2005年07月16日より

  • 配給
  • コムストック
  • 製作国
  • 韓国(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら