ウェルカム・トゥ・デス・ロウ

1993年、ギャングスターラップという過激なスタイルでヒップホップ業界に殴りこみをかけたデス・ロウ・レコーズ。ボディガードを経てレーベルを起こした豪腕実業家シュグ・ナイト、レーベルの共同設立者でヒップホップ界のトップ・プロデューサーとして君臨するドクター・ドレ。ドレに見出されてトップスターとなったスヌープ・ドッグ、トゥパック・シャクールらのビッグスターが所属するこのレーベルには、常に血と犯罪の噂が耐えなかった。こうした噂の数々はメディアに大々的に取り上げられ、さらにその残虐で暴力に溢れる歌詞の内容に、市民団体は異論を唱え、政府も難色を示した…。そしてトゥパック・シャクールは凶弾に倒れ、伝説の存在となる…。ドキュメンタリー・フィルム「ウェルカム・トゥ・デス・ロウ(直訳:死刑囚収容棟へようこそ)」では、90年代ヒップホップシーンで最も危険なレーベルと恐れられたデス・ロウ・レコーズの実態を、所属アーティスト、マネージャー、関係者達が語り、当時のヒップホップ界の全体像を炙り出していく。出演は、ドクター・ドレのボディガードとしてデス・ロウ・レコーズを立ち上げ、時代のトップレーベルにまで押し上げた豪腕企業家シュグ・ナイト。N.W.A.時代にアイス・キューブらとともに一時代を築いた後、デス・ロウ・レコーズの共同設立者にしてトップアーティストであり、ラップ界のトップ・プロデューサーとして君臨したドクター・ドレ。そのドクター・ドレに才能を見出され、ウエストコーストを代表するギャングスターラッパーとなったスヌープ・ドッグ。そしてデス・ロウ・レコーズに移籍後、東西ラップ抗争に巻き込まれ、1996年にラスベガスで若くして銃で撃たれて急逝した、永遠のカリスマ、トゥパック・シャクール。彼らの貴重なオフショット映像やインタビューを中心に、アメリカン・ヒップホップ・ドリームの裏に隠された醜悪な現実をカメラは映し出す。

解説

1993年、ギャングスターラップという過激なスタイルでヒップホップ業界に殴りこみをかけたデス・ロウ・レコーズ。90年代ヒップホップシーンで最も危険なレーベルと恐れられたデス・ロウ・レコーズの実態を、所属アーティスト、マネージャー、関係者達が語り、当時のヒップホップ界の全体像を炙り出す。

2004年9月18日より

  • 配給
  • ナウオンメディア
  • 製作国
  • アメリカ(2001)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト