なぜ彼女は愛しすぎたのか

マリオン(エマニュエル・ベルコ)はパリに住む30歳。恋人マチュー(ジョスラン・キヴラン)との関係も長く、写真家としての仕事も順調な日々を送っていた。ある夏の日、マリオンは甥ブノワ(ケヴィン・ゴフェット)の誕生会に招かれる。集まった少年たちの中にいた13歳のクレマン(オリヴィエ・ゲリテ)は、大人のマリオンに好奇心を持つ。翌朝、マリオンを迎えに来たマチューに、嫉妬の感情を見せるクレマン。少年の恋心に、マリオンの感情も大きく揺れる。それから彼女は偶然を装って、ブノワとクレマンがいるプールに出かける。接近していくマリオンとクレマンは、やがて夜の海辺で唇を重ねることになる。彼らはホテルに入るが、互いの距離感をどう取ればいいか分からず、そのまま朝を迎えた。いつの間にかマリオンには激しい恋愛感情が渦巻いており、その心情を父フランソワ(ルー・カステル)に告白するが、彼に罵倒される。マリオンは冷静さを取り戻そうとするが、やがてクレマンと愛撫を交わすようになると、かつてないほどの悦びが彼女を襲う。二人の高揚は頂点に達するが、しかしそのあと、クレマンの情熱は次第に醒めていく。一方、マリオンの気持ちは反対に執着へと変化し、しつこくクレマンを追い回すことに。いよいよ追い詰められたマリオンは、学校前でクレマンを待ち伏せして車に乗せ、セックスに及ぼうとする。拒絶するクレマン。やがて彼は、学校の女子生徒に恋していることを告白する。愛を失ったマリオンはクレマンへの長い手紙を書くが、クレマンはそれを躊躇なく破り捨てるのだった。

解説

30歳の独身女性が13歳の少年に恋愛感情をぶつける異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本・主演はこれが初長編監督作となる、「今日から始まる」などの女優として知られるエマニュエル・ベルコ。共演はこれが映画デビューとなるオリヴィエ・ゲリテ、「天使がみた夢」のルー・カステルほか。

2004年9月11日より

  • 配給
  • ユーロスペース
  • 製作国
  • フランス(2001)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト