作品 映画館 ニュース

この三人

カレンとマーサは大学を卒業したが、同じく寄る辺ない身とてすぐにも働かねばならない。2人はカレンの祖母の遺していった田舎の邸宅へ行く。この邸宅は荒廃していたが近所の青年医師ジョー・カーディンが2人を励ましてここに学校を立てる。カレンの祖母の知り合いのティルフォード夫人の孫娘メエリーを始め幾人かの生徒ができて2人はやっと生活の道にありついた。ジョーはカレンを恋しカレンもジョーを恋し2人は婚約する。マーサとてジョーを恋していたのだが、彼女は想いを秘めてしまう。しかし、この学校にも厄介者がいた。それはマーサにいつもたかっている彼女の叔母で旅廻り女優のモーター夫人という無責任な女がそれで、モーターは図々しくもこの学校に入り込んで先生となっている。それにメエリーというのが、子供に似合わぬ恐ろしい考えをもつ、ひねくれた嘘つきの娘だった。マーサがついに堪えかねてモーターに学校のためにならぬから出ていってくれと切り出したときに、モーターはジョーとマーサとに何か不倫な関係があるのかのように曲言してごてた。この会話がメエリーの耳に入った。メエリーはカレンから罰せられたのを恨みその復讐にこの話を大げさにして祖母に話した。それにメエリーは同じ生徒のロザリーの弱みを握って彼女を利用して己の意のままに証言させた。ティルフォード夫人の発案で親たちは、そんなふしだらな学校には子供たちを預けられぬという訳で、子供たちを皆退学させる。学校が潰れて生活の資を奪われ、その上に恥辱の濡れ衣を着せられたマーサ、カレン、ジョーの3人はティルフォード夫人を名誉毀損で訴えたがかえって敗訴となり、ジョーも病院から解雇された。ジョーはカレンに共に維納に行こうというが、カレンは彼とマーサとの噂を心では疑っていたので、それを断る。その後、マーサはモーターからメエリーとロザリーの話を聞き、ロザリーと共にティルフォード夫人を訪ねて、メエリーの嘘偽をあばく。そしてまた、カレンの心の疑いも解いて、自分だけは身を退いて立ち去っていく。疑い晴れたカレンはいそいそと維納へ、先に立っていったジョーの後を追うこととなる。

解説

「バーバリー・コースト」「生活への道」のミルアム・ホプキンスと「ドン・ファン」「紅はこべ」のマール・オベロンとが主演し、「バーバリー・コースト」「生活への道」のジョエル・マクリーが主演する映画で、「ダアク・エンゼル(1935)」の脚色者の一人たるリリアン・ヘルマンのオリジナル・ストーリー及び脚本に基づいて「お人好しの仙女」「白蛾」のウィリアム・ワイラーが監督した。助演者は舞台出のアルマ・クルーガー、「第三階級」「青春の溜息」のキャサリン・ドゥセット、子役で「噫初恋」「ある女の一生」のニタ・グランヴィル、同じく子役のマーシャ・メイ・ジョーンズ、等である。キャメラは「生活への道」「結婚の夜」のグレッグ・コーランドの担任。

  • 配給
  • ユナイテッド・アーチスツ支社輸入
  • 製作国
  • アメリカ(1936)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら