ひとりね(2001)

「ただいま」という声に、織江(榊原るみ)が玄関に出ると、見知らぬ若い男(高橋和也)がいた。「間違えました」と、男は表情も変えずに立ち去る。翌日も男は来て、織江に微笑みかけるとそっと立ち去った。その夜、夫は織江に隙があるからだ、と厳しく叱る。秋も深まったある日、織江の元に小包と手紙が届く。手紙には「先日は失礼いたしました。偶然入ったお宅であなたが現れて…。2度目は、もういちどあなたに会いたくなって」と書かれていた……。

解説

元祖“お嫁さんにしたい女優ナンバー1”であり、すずきじゅんいち監督の妻・榊原るみが女の欲望、孤独と哀しみを大胆に演じる。大人のエロスを描いた人間ドラマ。

2002年3月16日より

  • 配給
  • フィルムヴォイス=アルゴピクチャーズ
  • 製作国
  • 日本(2001)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト