傷跡(1976)

解説

1996年、54歳の若さで生涯を閉じたポーランドの名匠クシシュトフ・キェシロフスキ監督の劇場初公開作。善悪の狭間で葛藤する善良な男をやさしく見つめる「傷跡」。

2003年3月8日より

  • 配給
  • ビターズ・エンド
  • 製作国
  • ポーランド(1976)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト