作品 映画館 ニュース

グリッター きらめきの向こうに

ビリーはニューヨークのクラブ歌手だった母親の才能を引き継いだ、天才的な歌唱力を持つ少女。母娘ふたりの貧しい生活ゆえに、母はまだ幼いビリーを手放さなくてはならなかった。1983年、美しい娘に成長したビリーはクラブのダンサーとして働いていたところを、音楽プロデューサーにスカウトされる。しかし、ビリーは歌えない歌手の吹き替えに利用されるに過ぎなかった。そのステージで吹き替えに気づき、ビリーの才能を見抜いた人気DJのダイスは「君をマジソン・スクエア・ガーデンで歌わせたい」と熱っぽく口説き、半信半疑のビリーを引き抜くのに成功。ダイスのビリー売り込み作戦が始まり、ふたりは音楽界を駆け抜けてゆく……。

解説

90年代最高の女性ヴォーカリストとして、人気・実力ともに不動の地位のマライア・キャリーが映画界に進出。自身が映画のために書き下ろしたバラード、R&Bからヒップホップに至るまでの多彩なオリジナル曲を背景に、真実の愛を模索するヒロインを熱演する。

2001年10月20日より

  • 配給
  • ソニー・ピクチャーズ
  • 製作国
  • アメリカ(2001)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト