作品 映画館 ニュース

プリティ・プリンセス

サンフランシスコ。赤ちゃんの時に両親が離婚し、芸術家の母ヘレン(キャロライン・グッドール)と暮らす高校生ミア(アン・ハサウェイ)は、内気でドジのためクラスの笑い者。ある日、会ったことのない父方の祖母クラリス(ジュリー・アンドリュース)がヨーロッパから会いに来た。クラリスはなんとジェノヴィア国の女王陛下で、ミアは王位継承者だと告げられる。ミアは王位継承を放棄しようとするが、父への想いから3週間後の舞踏会までプリンセス教育を受け、それから決断を下すことにする。父は離婚後も誕生日にプレゼントと手紙を送ってくれていたが、先月事故で急死した。美しく磨かれ身のこなしや挨拶を学ぶうち、女王とミアは祖母と孫としての絆も深める。憧れのジョシュ(エリック・フォン・デッセン)にも誘われ浮かれるが、彼の目的はミアを利用して有名になることだった。傷つくミアを本当に愛してくれていたのは、親友の兄マイケル(ロバート・シュワルツマン)であるとやっと気付くミアは、父からの最後の手紙を見つけ、自分自身と真剣に向き合う。そして彼女が選んだ道は普通の女の子ではなく、ジェノヴィア国の運命を担う責任あるプリンセスであった。

解説

地味で内気な女の子が、ある日突然プリンセスになってしまう、現代のロマンチック・シンデレラ・ストーリー。ゲーリー・マーシャル監督の、「プリティ・ウーマン」「プリティ・ブライド」に続く、〈プリティ〉シリーズ第3弾。出演は「ポスト・ジュリア・ロバーツ」として注目されたアン・ハサウェイ、「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュース、「ウェルカム・ドールハウス」のヘザー・マタラーゾほか。

2002年1月26日より

  • 配給
  • ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
  • 製作国
  • アメリカ(2001)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト