作品 映画館 ニュース

ギャングスター・ナンバー1

1968年のロンドン。ギャングたちがしのぎを削る時代、ダンディなフレディ・メイズ(デイヴィッド・シューリス)がその頂点に君臨していた。彼は、若い駆け出しのギャングスター(ポール・ベタニー)にとって、憧れの対象。彼はフレディに取り入ることに成功し、右腕と呼ばれるまでになる。だがそこに、カレン(サフロン・バロウズ)という女が現われ、フレディが彼女に惹かれるようになると、二人の関係は崩れ始める。ギャングスターの純粋な憧れの感情は、嫉妬という狂気に形を変えていった。そしてギャングスターは、フレディに罪を着せ、刑務所送りにすることで、新たなトップの座を手に入れる。そして30年後、フレディが出所してくる。しかしフレディはギャングを卒業しており、喉を切られたものの生き延びたカレンとの愛を貫き、結婚。彼のいない間、頂点を極めながらも人を信用しない人生を送ってきた老練なギャングスター(マルコム・マクダウェル)は、フレディの落ち着いた態度に動揺し、激情。ビルの屋上から投身自殺するのだった。

解説

ボスに憧れたギャングスターの30年にも及ぶ愛憎劇。監督は「アシッド ハウス」のポール・マクギガン。撮影は「フェイク」のピーター・ソーヴァ。音楽は「キス★キス★バン★バン」のジョン・ダンクワースと、「花を摘む少女と虫を殺す少女」のサイモン・フィッシャー・ターナー。美術は「アシッド ハウス」のリチャード・ブリッジランド。衣裳は「キャラクター 孤独な人の肖像」のジェイニー・テミメ。出演は「キス★キス★バン★バン」のポール・ベタニー、「カリギュラ」のマルコム・マクダウェル、「シャンドライの恋」のデイヴィッド・シューリス、「仮面令嬢」のサフロン・バロウズ、「スリーピー・ホロウ」のジェミー・フォアマンほか。アメリカン・フィルム・インスティテュート最優秀視覚効果賞受賞。

2003年05月24日より

  • 配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
  • 製作国
  • イギリス(2000)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら