作品 映画館 ニュース

幸福(1919)

ロシアにおけるユダヤ人の大虐殺に劇は始まる。米国人ハードキャッスルの双児の娘ソニアとヴィヴィアンはこの混乱の中から救い出されたが、ソニアは貧しいロシア人の家庭に養われる身となった。ハードキャッスルはヴィヴィアンを連れ、ソニアはすでに死んだと信じて帰米する。20年の後。ヴィヴィアンは社会問題の何たるかも知らずただ華やかな交際場裏の花と唱されている。ソニアは恋人ポールと共に米国へ渡り、過激思想の宣伝に努めた。しかし国内に充満するデモクラシーの精神は彼女等の企てを不成功に終らしめた。当時大工場を経営していたハードキャッスルは労働問題等に耳を傾けず職工等を率いてストライキを起こした。彼女が父と知らずハードキャッスルに迫った時飛び立った一弾は彼女の胸を貫く。父の家に担ぎ込まれ始めて彼女は我身の素性を知った。我娘の無惨な死を眼の当たり見てハードキャッスルの真の心は目覚めた。職工の正当に受くべき幸福の権利を与え、一家は平和に帰ることができた。

解説

  • 配給
  • 製作国
  • アメリカ(1919)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト