作品 映画館 ニュース

あのころ僕らは

ロサンゼルス、土曜の夜。デレク(レオナルド・ディカプリオ)、イアン(トビー・マグワイア)、ブラッド(スコット・ブルーム)、ジェレミー(ケヴィン・コナリー)の4人は、いつものようにダイナードンズ・プラムで女の子たちと他愛ない話で盛り上がっている。しかし、この日のデレクはいつもと様子が違っていた。意見の合わないエイミー(アンバー・ベンソン)に罵声を浴びせかけたり、店の他の客に喧嘩をふっかけたり。そしてデレクは、自分の父が母のせいで自殺したこと、それ以来自分は女性不信であることを語りだす。席を外したデレクのところにサラ(ジェニー・ルイス)が慰めにいくが、2人は噛み合わない。しかし落ち着くと、また仲間のもとへ戻っていく。こんな風に彼らは一夜を過ごし、やがて日曜の朝を迎えるのだった。

解説

若者たちが集まったダイナーでの一夜を描く青春映画。1995年に撮影されながら、2000年になってようやく日の目を見た作品。監督・脚本はこれが初長編のR.D.ロブ。出演は「ボーイズ・ライフ」で共演したレオナルド・ディカプリオとトビー・マグワイア、「S.F.W.」のアンバー・ベンソン、「どんな時も」のケヴィン・コナリー、「カラー・オブ・ハート」のジェニー・ルイス、「ゴールデンボーイ」のヘザー・マコブ、「死にたいほどの夜」のメドー・シストーほか。

2002年01月12日より

  • 配給
  • クロックワークス(クロックワークス=竹書房 提供)
  • 製作国
  • アメリカ(2000)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら