作品 映画館 ニュース

家族写真

テレビドキュメンタリーの企画で集められた4人の身寄りのない人たち。彼らは契約期間の5年、疑似家族として共同生活を送ることになる。初めはうまく機能していた家族関係。だが父の入院を機に、次第に家族の気持ちはバラバラになっていく。そして契約の切れる最後の日、息子の健次に実は母親がいたことが発覚し、妹の玲子は激怒する。「全て偽りだった!」と。それから数日後、新しい生活を始めた玲子の元を訪れたディレクターの晶子は、彼女が今はあの5年間を後悔していないことに安堵する。そんな玲子から健次に、バースデイ・カードが届く。そこには、家族の写真が貼ってあった。

解説

ドキュメンタリー番組の為に作られた疑似家族の心の移り変わりを描く短篇ドラマ。監督・脚本は金貞鎰。撮影を良知暁と竹内里子が担当している。主演は「ATEREO FUTURE」の桃生亜希子。「Movies-High2 NCWセレクション」特集上映の中で公開された。16ミリ。

2001年12月4日より

  • 配給
  • ニューシネマワークショップ
  • 製作国
  • 日本(2000)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト