作品 映画館 ニュース

金色の嘘

1903年、没落したイタリア人貴族のアメリーゴ公爵(ジェレミー・ノーザム)は、恋人シャーロット(ユマ・サーマン)に別れを告げ、米国の富豪ヴァーヴァー(ニック・ノルティ)の娘で、シャーロットの親友でもあるマギー(ケイト・ベッキンセール)と結婚する。それから2年後、シャーロットはなんとヴァーヴァーと結婚してしまい、シャーロットとアメリーゴは義母と娘婿の関係になった。3年後のロンドン、社交界の華となったシャーロットは、アメリーゴと不倫の関係に陥ってしまう。マギーはひょんなことから2人の関係を知ってしまい、アメリーゴを叱責するが、やがて夫婦は信頼感を回復させていく。そしてマギーとの愛を貫くことに決めたアメリーゴは、ヴァーヴァーの庇護から離れてローマで暮らすことを決意。悲嘆の涙にくれるシャーロットは、ヴァーヴァーに抱きしめられアメリカへと旅立っていくのだった。

解説

20世紀初頭欧米の上流社会に生きる人々の恋愛模様を描くドラマ。監督は「シャンヌのパリ、そしてアメリカ」のジェームズ・アイヴォリー。製作は彼と長年コンビを組むイスマイール・マーチャント。脚本もアイヴォリー作品でおなじみのルース・プラーヴァー・ジャブヴァーラ。原作は文豪ヘンリー・ジェイムズの小説『金色の盃』。撮影は「ポーリー」のトニー・ピアース=ロバーツ。音楽は「ヴァンドーム広場」のリチャード・ロビンス。美術は「コーンウォールの森へ」のアンドリュー・サンダース。衣裳は「オネーギンの恋文」のジョン・ブライト。出演は「理想の結婚」のジェレミー・ノーザム、「宮廷料理人ヴァテール」のユマ・サーマン、「パール・ハーバー」のケイト・ベッキンセール、「背信の行方」のニック・ノルティ、「エバー・アフター」のアンジェリカ・ヒューストン、「恋するための3つのルール」のジェイムズ・フォックスほか。

2002年01月12日より

  • 配給
  • シネマパリジャン
  • 製作国
  • イギリス アメリカ フランス(2000)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら