恋のじゃま者(1986)

デイヴィット・バスナー(トム・ハンクス)は、シカゴの広告代理店に勤めるエリートだ。その日は昇進も決まり、意気揚々。会社のボス、チャーリー(ヘクトール・エリゾント)たちとの呼吸も合い、ガールフレンドにも恵まれ、大いに満ち足りている。が、一つ、悩みのタネがあった。父のマックス(ジャッキー・グリーソン)を残して母のロレイン(エヴァ・マリー・セイント)が、家出をしてしまったのだ。34年の結婚生活の突然の破局で混乱する両親を前にして悩むデイヴィット。そんな彼を慰めるのは、ハイスクール時代からのガールフレンドで演劇のインストラクターをやっているドナ(ベス・アームストロング)。一方、会社では大手の航空会社“コロニアル・エアライン”との取り引きの話しが持ち上がり、クライアントに会いに行ったデイヴィットは、そこで社長と共に現れた美しい女シェリル(セーラ・ウォード)と知り合い、早速ベッドイン。ところが彼女は社長の娘で、彼女の取なしもあって取り引きは大成功。仕事は順調だったが、父マックスが交通事故を起こして会社をクビになり、デイヴィットを頼ることしきり。ロレインも何かと電話をかけて来る。しかし、時がたつに従ってデイヴィットにはそんな父の事が、哀れに思えて来た。更にマックスは、足のリウマチがもとで切断手術を受けなければならなくなる。こんな父の手術の日を前に“コロニアル・エアライン”の社長にニューヨークへ行くように命じられるデイヴィット。仕事を取るか、父を取るかで悩む彼は父親の方を取った。以前には持った事のないような共感と愛情を持って、病院の父の面倒を見るデイヴィットの姿があるのだった。

解説

別居中の両親との絆と仕事や恋にゆれる働き盛りのサラリーマンの姿を描くコメディ。製作はアレクサンドラ・ローズ、エグゼキュティブ・プロデューサーはロジャー・M・ロススタイン、監督は「フラミンゴ・キッド」のゲイリー・マーシャル、脚本はリック・ボーデルとマイケル・プレミンジャー、撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はパトリック・レナードが担当。出演はトム・ハンクスほか。

1986年11月8日より

  • 配給
  • コロムビア
  • 製作国
  • アメリカ(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト