作品 映画館 ニュース

MAZE 爆熱時空 天変脅威の大巨人

昼間は清楚な女、夜はケダモノの男に変身するメイズは、パルアニアの王・ファーマウントから、かつて神聖王国パルアニアを滅亡寸前まで追いやった伝説のいにしえの巨人の奪取を命じられる。早速、巨人が眠ると言われる古代遺跡デルデル神殿へ仲間のミルたちと向かったメイズ。そこでヤンと双子のユンとヨンの三姉妹と出会った彼らは、巨人のことを聞き出そうとするが、彼女たちは固く口を閉ざすばかり。結局、巨人の情報を掴めないまま、神殿で一夜を明かすことになる。ところが翌朝、メイズたちと敵対関係にあるゴージャスとシックの兄弟が、同じく巨人を狙って神殿に現れたのである。ジャイナ聖教団の暗殺者集団・カタリナ派修道士たちを使って、神殿に潜入しようとするゴージャスたち。それを阻止すべくメイズたちは応戦するが、意外にもヤンに止められてしまう。実は、いにしえの巨人とはこの神殿自体のことで、巨人はメイズたちが放つ幻光流(フォルム)を感知すると自己防衛機能が働き、復活するというのだ。巨人が復活すれば、この世は破壊し尽くされるだろう。このことを知ったメイズたちは、戦うことを躊躇。しかし、ユンとヨンが人質に取られると、ふたりを見殺しに出来ないメイズは、駆けつけたラン・チキたちの協力を得てゴージャスたちに挑んでいくのだった。そして、遂にいにしえの巨人=大魔甲機ツイン・デールが復活してしまう。強大なパワーを誇るツイン・デールに手も足も出ないメイズたち。だが、ヤンからツイン・デールの弱点を聞き出したメイズは、危険を承知でその体内に潜入すると、心臓を破壊。ツイン・デールの動きを封じることに成功する。

解説

全てを破壊に導くいにしえの巨人を巡って展開する、光幻師・メイズたちの活躍を描いたエロティックな短編アニメーション。監督は、「MAZE」TVシリーズなどを担当してきた鈴木行。脚本は、原作者でもあるあかほりさとる自らが執筆。撮影に「スレイヤーズぐれえと」の大瀧勝之があたっている。声の出演は、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版」の三石琴乃と「ドラえもん のび太の南海大冒険」の関智一ら。

1998年4月25日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1998)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト