作品 映画館 ニュース

月光の曲(1930)

マドリッドでも名家としてしらるるカステラー侯爵の息子リカルドは、未だ学業にいそしむ若い身であるが、踊り子ゴイタの事件にからんで問題を起こし、遂に父の知るところとなり静かなサンチアゴのある学校の寄宿舎生活(トロイの家とて昔から伝統的に知られている)をせねばならなくなった。ここで彼は父の親友の娘カルミナと相知る仲となったが、彼女はリカルドと争闘を起こしたスペイン唯一の闘牛士と自認するオクタヴィオと婚約の間柄であった。しかし彼女はリカルドと相知る仲となっていらい、彼を慕っていた。彼もなた彼女を愛した。遂には相互の親の了解もついて近く結婚式を上げるまでとなった。踊り子ゴイタはリカルドを忘れかねて彼の跡を追いサンチアゴに来たり、彼の部屋を訪れた。これがオクタヴィオの知るところとなり吹聴したのでリカルドを崇拝していたカルミナの兄アーネストも怒って彼に決闘を申し込んだ。リカルドは全てを覚悟し、最愛のカルミナの兄を傷つけるに忍びず、空砲を放ってアーネストの弾丸をうけた。カルミナはリカルドのゴイタとの問題について不満に思っていたが、心から愛していたリカルドの負傷を見て駆け寄って彼を介抱した。依然リカルドを愛するカルミナはこれが動機となり、誤解も氷解して、2人は結婚式を挙げることになった。

解説

「黎明の剣士」「肉体の呼ぶ声」と同じくラモン・ノヴァロとドロシー・ジョーダンの共演になる映画。アレハンドロ・ペレス・ルギンの小説からベス・メレディス、ソールズベリー・フィールド、エドウィン・ジャスタス・メイヤーが共同で脚色し、台詞をつけ、「恋愛戦線」「天使の顔」のロバート・Z・レナードが監督し、「愛の太鼓」「恋愛戦線」のオリヴァー・T・マーシュが撮影している。助演者は「好いて好かれて」のハーバート・クラーク、新進ロティス・ハウエル、「フー・マンチュー博士の秘密」「青春倶楽部(1930)」のクロード・キング、「ノアの箱船」のウィリアム・V・モング、「七日間の休暇」「西部戦線異状なし」のベリル・マーサー、デイヴィッド・スコット等である。

  • 配給
  • MGM支社
  • 製作国
  • アメリカ(1930)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト