ルイーズとケリー

優等生タイプのルイーズ(エマ・コールズ)と、不良タイプのケリー(クリス・ビデンコ)という、全く対照的な二人の女子高生は、少し前まで親友だったものの今は遠い関係である。一見すると何の接点もないように見える二人だが、数カ月前は外見も性格もよく似ていたのだ。二人は同じ中学校の同級生だった。しかしケリーが合格したルイーズと同じ名門女子校を、ケリーの義父が無理矢理やめさせたのだ。そこからケリーは荒れ出し、ルイーズとの仲は疎遠になっていく。さらに時間をさかのぼると、ショート・カットで中学校の制服を着て、輝ける未来に向かって乾杯する二人は、まるで姉妹のようにそっくりである。彼女達は後の悲劇を知ることもなく、無邪気な笑顔に包まれていた。

解説

大人になれば壊れてしまう思春期の少女の友情を、時間が逆行する独特の手法で描いた作品。監督は「ある貴婦人の肖像」のジェーン・カンピオンで、彼女の出世作となった。製作は「ピアノ・レッスン」のジャン・チャップマン。脚本はヘレン・ガーナー。撮影はジュリアン・ペニー、音楽はマーティン・アミガー、美術と衣裳はジャネット・パターソン、編集はビル・ルッソ。出演はエマ・コールズとクリス・ビデンコ。

1997年3月29日より

  • 配給
  • パンドラ(配給協力*あいち女性総合センター)
  • 製作国
  • オーストラリア(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト