夜曲<ノットゥルノ> シューベルト 愛の鼓動

1928年11月19日、偉大な作曲家フランツ・シューベルト(ウド・ザメル)は静かに息を引き取った。その5年前、突然の病に倒れたシューベルトは死期を悟ったかのように、創作活動を続けていた。不安に苛まれる彼を支えたのは友人のショーバー(ダニエル・オルブリフスキ)だった。夜空に舞い上がる花火、森林の光の中で開かれる“シューベルティアーデ”(シューベルトを囲む音楽会)で友人らに音楽を披露することは、シューベルトに束の間の安らぎを与えた。しかし、真実の愛を求めるシューベルトは孤独だった。その才能にひかれて、彼を取り囲む女性は多くいたが、安らぎは得られなかった。そのシューベルトの前に、一人の女性が現われる。それは、名曲「死と乙女」の誕生だった。生き急ぐシューベルトに愛の花が咲いた。しかし、シューベルトに再起の時はせまっていた。

解説

天才音楽家フランツ・シューベルトの知られざる生涯を描いた一編。TVシリーズを再編集したものを劇場公開。監督・脚本はオーストリアのテレビ界で活躍してきたフリッツ・レーナー。製作はレネ・レツガス。撮影はガーノット・ロール。美術はアラン・スタースキ。編集はジュノ・シルヴァー・エングルアンダー。衣裳はウリ・フェスラー。録音はラインホルド・カイザーとピーター・ケラーハルス。出演はドイツ演劇界を代表する名優ウド・ザメル、「約束の土地」のダニエル・オルブリフスキ、「ダントン」のヴォイテク・プショニャク、「フランスの女」のガブリエル・バリリほか。

1997年5月17日より

  • 配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
  • 製作国
  • オーストリア フランス(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト