刑事グラハム 凍りついた欲望

元FBI捜査官ウィル・グレアム(ウィリアム・ピーターセン)は、昔の同僚ジャック(デニス・ファリーナ)に満月の夜に発生した一家惨殺事件の捜査を依頼される。この異常な惨殺の陰にひそむ犯人の心理を知るため、ウィルは刑務所にレクター博士(ブライアン・コックス)を訪ねた。精神分析医のレクターは実は連続殺人犯で、ウィルに逮捕されたのだが、彼の犯行にショックを受けてウィルは退職したのだ。二流雑誌タトラーの記者ラウンズ(スティーブン・ラング)がウィルとレクターのことを記事にし、それがきっかけで、犯人とレクターは連絡をとるようになる。犯人はラウンズを火あぶりにして殺害。ウィルは2つの被害家族をつなぐ共通項がどちらも8ミリフィルムを同じ現像所に出していることをつきとめた。犯人は現像所の社員ダラハイド(トミー・ヌーナン)だった。FBI、警察が彼の家に急行し、激しい銃撃戦の末にダラハイドを射殺する。

解説

満月の夜に惨殺をくり返す殺人鬼と元FBI捜査官の対決を描くアクション。製作はリチャード・ロス、エグゼクティヴ・プロデューサーはバーナード・ウィリアムス。原作は卜ーマス・ハリスの『レッド・ドラゴン』(早川書房)。監督・脚本はマイケル・マン、撮影はダンテ・スピノッティ、音楽はザ・レッズ&ミシェル・ルビーニが担当。出演はウィリアム・ピーターセン、トミー・ヌーナンほか。「羊たちの沈黙」の大ヒットを受けて「レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙」に改題されてビデオ再発売。

1988年10月15日より

  • 配給
  • 松竹富士
  • 製作国
  • アメリカ(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト