ノストラダムス 戦慄の啓示

20世紀末。世界は“闇”に包まれようとしていた。“闇”の原因は、人々の「心」にある。戦争、核兵器の保有、エゴや欲望、そして誤った思想などが″悪想念″の煙となって人間の心から立ちのぼり、地球をおおいつくそうとしているのだ。このままでは、ノストラダムスの予言が現実になってしまう。天上界の天使たちは、″光″を増やすために様々な計画を開始する。だがその努力も空しく、地球は未曾有の危機に見舞われる。世界の大都市が次々に崩壊していくなか、遂に日本へ向けて核ミサイルがセットされるが、人類の愛の力によって、ミサイルは倒されるのだった。

解説

今世紀初頭からノストラダムスが地球破滅を暗示した1999年7月まで、破滅へと向かう模様を危機への警告を込めて描くスペクタクル。″幸福の科学″を主宰する大川隆法が自らの同名ベストセラーをもとに、製作総指揮をとった作品で、監督は粟屋友美子。最先端CGによるSFX映像で天変地異や異次元世界を描き出している。撮影監督は金子雪生、撮影は高瀬比呂志が担当。

1994年9月10日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1994)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト