作品 映画館 ニュース

クレイグの妻

ハリエットはウォルター・クレイグと2年前に結婚した。ウォルターは彼女を熱愛して求婚したのだが、彼女は夫を愛しはしなかった。妻たることよりもクレイグ家の主婦として、家を守ることが彼女の望みであった。家は彼女の城廊であり聖堂であった。彼女は夫が喫煙するのさえ嫌った。夫の友達もこの1年半、訪ねて来なくなった。ハリエットはオルバニイに住む姉の病床を訪ねて1週間程留守だった。ウォルターは友人バスモアの家へカルタ遊びに行った。ところが人数が足りず彼はバスモアと共に倶楽部で遊んだ。翌日ハリエットは母の見舞いに来ている姪のエセルを連れてニューヨークへ帰った。エセルの許婚の大学講師フレデリックスからエセルに電話が掛かって来たとき、ハリエットはエセルに通ぜず電話を切ってしまった。また、同居している夫の叔母で老嬢のオーステンが、隣家のフレジア夫人とその孫を部屋に招じ入れた事を知ると、ハリエットは醜く怒った。あまりのことにオーステンはクレイグ家を出ると言明した。彼女は甥のウォルターに、ハリエットは遠からず良人の彼をも家に居たたまれなくするだろうと警告した。オーステン嬢と衝突して憤慨したハリエットは、女中のメイジーが知り合いの労働者を台所に入れていたのを怒り、メイジーを首にした。ウォルターは友人バークマイアに会い、バスモア夫妻が今朝死体となって発見された事を聞かされる。バスモアは夫婦仲が面白くなく、醜く腐って居るのを知っているウォルターは、バスモアがふしだらな妻を殺して自殺したに相違ない、と断言した。ウォルターの不在に、刑事がきてハリエットにバスモア事件に就いていろいろ訊ねた。バスモアの不幸に深く同情しているウォルターは、帰宅して刑事が来たと知るや、事情を警察に知らせようとする。殺人事件に拘り合うのは名誉にならないあまりか、妙に疑われると大変だと言ってハリエットは夫が電話をかけるのを止めた。彼女は、ウォルターが有罪でも黙っていれば判らず仕舞で家名も損じないですむから、体面を損じて無罪を立証するよりは、ましだと主張した。彼女は夫の身を案じてるのではなかった。自分の体面を保つことに焦慮したのだった。ウォルターは叔母の言の正しさを知り、ハリエットに対する愛は冷め果てた。翌朝、エセルは迎えに来た許婚と一緒に母の許へ急いだ。オーステン嬢はホテルへ引っ越した。家政婦もオーステン嬢のお供をした。ウォルターも「僕とでなく、僕の家と結婚した貴方だから、この家は遣る」と言って去った。そこに、オルバニイの姉が死んだ、という電報が来た。独りぼっちになったハリエットは亡霊の如く、家の中を歩き回った。

解説

ジョージ・ケリー作の舞台劇の映画化で「真夏の夜の夢」「最初の接吻」のメアリー・マッコール・ジュニアが脚色し、「女優ナナ」「我等は楽しく地獄へ行く」のドロシー・アーズナーが監督に当たり、「罪と罰」「ギャング戦線」のルシエン・バラードが撮影したもの。主演は「二国旗の下に」「米国の機密室」のロザリンド・ラッセルと「ロジタ(1936)」「ガルシアの伝令」のジョン・ボールズで、「モダン騎士道」のビリー・バーク、「ポンペイ最後の日(1935)」のドロシー・ウィルソン、「この三人」のアルマ・クルーガー、「舗道の青春」のレイモンド・ウォルバーン、「可愛いオディ」のジェーン・ダーウィル、ロバート・アレン、ニディア・ウェストマン、キャスリーン・バーグ等が助演している。

  • 配給
  • 製作国
  • アメリカ(1936)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト