クリープショー

(プロローグ)。ビリー少年(ジョセフ・キング)は大のホラー・コミック・ファン。だが、父親はくだらんものを見てと言ってコミック雑誌をゴミ箱に捨てる。ビリーが窓に目をやると、そこには骸骨が。雑誌が風にめくられて…。 第1話(父の日)が始まる。因業なネイト(ジョン・ローマー)は7年前の父の日に「ケーキを出せ」とわめき、頭に来た娘のベリンダ(ヴィヴェカ・リンドフォース)に殺された。毎年この日になるとべリンダは父の墓を訪ねた。今年は墓から腐乱したネイトが出現し・ベリンダを殺し、親類のハンク(エド・ハリス)、シルヴィア(キャリー・ナイ)に「ケーキを出せ」とわめきつつ迫る。 第2話(草まみれの男)。農家の庭に限石が落下し、それを発見したジョーディ(スティーブン・キング)が、水をかけると限石は2つに割れ、中から緑色のネバネバが。やがて、その緑色のネバネバが家を、ジョディをつつみ、ジョディは自殺する。 第3話(みち潮)リチャード(レスリー・ニールセン)は妻ベッキー(ゲイレン・ロス)の浮気相手ハリー(テッド・ダンソン)を海辺の砂に埋める。海水にのまれるハリー。ハリーの前にベッキーも同じめにあわせていた。やがてペチャペチャと水を含んだ2人の足音が…。 第4話(開封厳禁)。大学教授のヘンリー(ハル・ホルブルック)は悪妻ウィルマ(エイドリアン・バーボー)に悩まされていた。用務員が学校の階段の下に発見した箱の中には怪物が入っていた。学部長のデクスター(フリッツ・ウェーバー)の眼前で用務員が引きずり込まれていった。ディスターから相談されたヘンリーは、ウィルマを言葉巧みに階段に誘いこみ、怪物に食わせてしまう。そして、ヘンリーと一緒に箱を池に捨てて帰宅。やがて水中で箱から怪物が…。 第5話(クリープショー)。ゴキブリを狂的に憎む悪徳実業家アプトン(E・G・マーシャル)が無菌室でゴキブリの群に襲われる。 (エピローグ)。コミック雑誌をひろった清掃夫(トム・サヴィーニ)がめくっているとヴードゥ人形の広告の個所が切り取られている。その頃ビリーはヴードゥ人形に鋭い針を突き刺し、朝食中の父親が苦しむ。

解説

50年代のECコミックスに影響を受けたジョージ・A.ロメロ監督と小説家のスティーブン・キングが協力して作った5話のオムニバス・ホラー。製作はリチャード・P・ルービンスタイン。エグゼクティヴ・プロデューサーはサラ・M・ハッサネイン。監督はロメロ、脚本はキング。撮影はマイケル・ゴーニック、音楽はジョン・ハリソン、特殊メイク効果はトム・サヴィーニが担当。出演はスティーブン」キング、E・G・マーシャルなど。

1986年2月8日より

  • 配給
  • 日本ヘラルド
  • 製作国
  • アメリカ(1985)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト