長七郎旅日記 魔の影法師

江戸は神田の新名所・丹前風呂柳湯。最高にモテている若侍、彼は将軍家綱の御意見番・松平道閑老人の甥、なぜかお城勤めを嫌って遊蕩にふける、人呼んで松平長七郎。長七郎の右腕と自認する鼻たれ坊主のちょん平が事件だといって飛びこんで来た。事件とは大川端で山伏姿の修験者の一団に、美しい武家娘と若侍が襲われ、若侍が殺されたという。現場に着いた長七郎に、突然すがりついた一人の娘、彼女は先程の娘で深雪といった。深雪の父は近く幕府に召抱えられる砲術家・国友一有斎で、何者かに誘拐されていた。長七郎の留守に深雪が山伏の一味にさらわれた。その跡をつけた巾着切りのお駒姐さんの知らせで、鎌倉河岸の佐々川道場一党の仕業とわかった。長七郎は事件解決に乗りだした。道場主、佐々川蘭山は阿部備中守の推挙で一有斎の代役になった浪人だった。長七郎が道場に乗りこんだ時、深雪の姿はなく“ニラヤマ”と刻まれたかんざしがあった。お目付役と名乗った長七郎は、伊豆韮山城に行き、城主大久保内膳正と蘭山を鋳造中の射程四里という巨砲について詰問した。もしこの巨砲が徳川幕府打倒に用いられたら……。巨砲完成の宴に毒薬入りの酒が長七郎の前に出された。が、そんな手にのる彼ではなかった。腰元に化けて韮山城にまぎれこんだお駒は、内膳正の手文庫から豊臣家末裔彦四郎ら、反徳川幕府の諸大名連判状を盗みだした。連判状を奪回しようと、お駒を囮に蘭山は長七郎をおびきよせた。長七郎はたくみに難を逃れ、江戸に向った。巨砲は六頭立ての馬車にひかれ品川に到着。無気味な砲口は将軍誕生の宴に賑う江戸城に向けられた。一味は深雪を囮に一有斎に発射を命じた。危機一髪、そこに現われたのが長七郎、正義の剣、葵真流は群がる一味をなぎ倒し、深雪らを無事に救い出した。

解説

永江勇の脚本を「唄しぐれ千両旅」の大西秀明が監督した明朗時代劇。撮影は「いろは若衆 花駕篭峠」の鷲尾元也が担当。

1959年10月7日より

  • 配給
  • 製作国
  • 日本(1959)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト