ますらを派出夫会 男なりゃこそ

ますらを派出夫会では、きょうも会長村崎女史の演説に引続きレッスンの真最中。折から山崎家より註文の電話。第一陣、大助、卓三の二人組が選ばれ早速出かけた。ところが山崎家は新婚半年目で、ベタツキ夫婦、鍵と密子はイチャツキ通し。あてられた大助と卓三は深夜、ヤケクソで一杯飲み始めたが果ては大騒ぎ、忽ち戻されてしまった。次の電話は、女流画家、岸英子女史から。遠藤派出夫が参上したがM過剰の岸女史にあおられて意気消沈。その夜おこなわれた女史のパーティの支度をさせられた遠藤は、急に芸術的意欲が湧いてきたと称する女史たちに裸にされ、ほうほうの態で逃げ帰った。三番目に、船場に店を持つ伊藤家へ五ツ木派出夫が派遣された。伊藤家の一人娘幸子には耕助という恋人がいたが、今度、東京の紙問屋の若旦那と自称する相田勝太を婿に迎えることになったので彼女は沈み込んでいる。きょうも相田がきて伊藤家の主、七右衛門夫婦を相手に、モナコで一億ドルの大バクチをしたとか、新婚旅行は世界一周だとか勝手なことを喋っている。むしゃくしゃした五ツ木は相田の靴の中に火をつけ、あっさりクビとなった。五ッ木のリリーフとして亀山派出夫が派遣されたが彼の働きは名誉挽回という意味で立派なもの。ある日幸子の沈んだ様子を見て、何か役に立つことがあればと慰めた。ところが、その日も伊藤家に現れた相田の顔を見て亀山は、ハッとした。思い出せぬまま相田と幸子の結婚式の日を迎えたが、そのとき相田が結婚詐欺の男だと分った。幸子は無事、耕助と結婚することができた。式場には亀山も参列したが、意外にも“ますらを”の制服を着た相田が神妙な顔付きで参列していた。

解説

「ますらを派出夫会 粉骨砕身す」の続篇。スタッフは前作同様、キャストも殆んど同じ。

1957年5月22日より

  • 配給
  • 東宝
  • 製作国
  • 日本(1957)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト