作品 映画館 ニュース

反逆者(1957)

江戸川の親分の密命を受けたマシンの竜こと源三は、今しも乗込んだ河北組の賭場で、ここ半年ほど届かぬ売上金の督促を激しい調子でまくし立てていた。その姿をチンピラの健一が憧れの眼差しで見まもっていた。健一の父はヤクザで、十五年前、子供と母を捨てて家出、今は行方不明。その母はドライブ・クラブの主、内藤と再婚していた。が健一にも人並にキャバレーの切符売り、千恵子という純情な恋人がいた。彼女は健一にヤクザから足を洗うよういつも頼んでいた。ところで江戸川が源三を河北組に乗込ませたのは、最近、この地区で新築の劇場の縄張り争いをする河北組と山甚の間の紛争のドサクサに源三をバラそうという陰謀からだった。が、源三がここへ来たのには別の理由があった。ドライブ・クラブで十五年ぶりに会った、かつての妻つる代から息子健一のことを聞き、それが河北組のチンピラ健一であると知って、それとなく息子を真面目な生活に引戻そうとしたのである。しかし健一は、源三の情けにも「俺には親父なんてないんだ」と反撥した。そのうち山甚は河北組のスキに新築劇場を手中に収めた。開館の日、健一たち河北組は劇場の山甚に殴り込みをかけた。報せを聞いた源三も機関銃を抱え劇場に駈けつけた。そのとき、江戸川の回し者の射った一弾は源三の背中に命中した。源三は倒れながらも射ち返し彼らを倒した。が、彼は駈け寄った健一に「これがヤクザの最後だ、お前は惨めな一生を送るんではない」と息を引取った。

解説

「地獄岬の復讐」の高岩肇のオリジナル・シナリオを「私は前科者である」の古川卓巳が監督、「「廓」より 無法一代」の横山実が撮影した、ヤクザ世界をめぐるアクション・ドラマ。主演は「肉体の反抗」の水島道太郎、「危険な関係(1957)」の長門裕之、「青春の抗議」の浅丘ルリ子。ほかに坪内美詠子、山根寿子、二本柳寛、二谷英明など。

1957年05月28日より

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • 日本(1957)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら