新婚日記 恥しい夢

三郎は電々公社の職員で今度、東京へ転勤するのを機会に恋人の千枝子と結婚、式後直ちに熊本から上京した。東京は住宅難だが、三郎の恩師白木博士が渡米するので、その留守番を仰せつかり心配はなかった。しかも電化設備の整った文化住宅。三郎は商売柄、電話を遊ばせておくのは勿体ないから近所の人に利用させようと到着の日に「電話ご利用下さい」の貼紙を玄関に出した。新婚第一夜があけ、二人が起きようとした時、表の戸を激しく叩く音がした。驚いて玄関に出ると、そこには近所の人が電話を借りようと大勢並んでいた。それ以来、二人は毎日呼出し電話で夜もおちおち眠れない始末。そんなある日、千枝子の先輩で女学校の寄宿舎の舎監をしている矢部女史が訪ねて来た。寄宿舎でホームシックにかかった生徒を、家庭的な二人の家に置いて治して欲しいと云うのだ。無理矢理エリ子を押しつけられた二人は、新婚気分も味わえず、その日からとうとう神経衰弱気味になってしまった。我慢し切れなくなった二人は何とかしようと、三郎は電話を断りに近所へ、千枝子は矢部女史の許へと出かけたが、三郎は利用者の困る事情を見兼ね、一方千枝子は逆に二人の生徒を押しつけられ、しょんぼり家へ帰って来た。そこへ「予定変更、帰国する」と白木博士からの電報が届いた。留守番解消と喜んだものの今度は引越先の心配である。途方に暮れているところへ近所のお妾さん二宮が電話をかけに来た。電話の内容は、どうやら別れ話。しかも別れた後は二階を誰かに借すという。「家があった」と思わず二人は飛上った。引越しも早々に、漸く二人きりになれた三郎と千枝子は熱い口づけを交した。

解説

高橋二三の原案から「頑張れゴンさん」の笠原良三と「東京犯罪地図」の池上金男が共同で脚本を書き、「浅草の灯」の田中重雄が監督した。新婚生活を描く明朗篇で、撮影は「しゃぼん玉親爺」の村井博が担当した。主な出演者は「赤線地帯」の若尾文子、「裁かれる十代」の品川隆二、「のり平の三等亭主」の藤間紫、「人情馬鹿」の潮万太郎、「しゃぼん玉親爺」の清川玉枝など。

1956年4月28日より

  • 配給
  • 大映
  • 製作国
  • 日本(1956)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト