作品 映画館 ニュース

お勝手の花嫁

湘南に住む落選代議士嵐氏の一家。なにか事がおこるとすぐ海に飛び込む狂言自殺常習のおばあさん、主人の正行氏は養子なので加奈子夫人に頭が上らず、娘の梅子とルリ子はすでに嫁ぎおくれ、息子の勇はいつもおばあさんのけんか相手だ。この一家へ新らしく女中の袴田久子がやって来る。夫人をはじめ一家の者は久子につらく当るが、おばあさんはすっかりこの女中が気にいった。久子と一緒に買物に出かけ、よっぱらって気焔をあげる始末である。ある日町会長の安田から嵐家に縁談が持ち込まれた。オールド・ミスの娘達は胸をときめかすが、実は縁談の当人は女中の久子、申し込んだのは土管屋の息子の谷村繁だった。期待を裏切られた娘達、加奈子夫人と勇との大げんか……この縁談から久子はますます居ずらくなり、遂に荷物をまとめて嵐家を出た。しかし繁に発見され、しぶしぶ嵐家にもどったが、主人の正行は二人の交際を許すと腹の大きいところをみせるのだった。こうして久子と繁はオート三輪に乗り、楽しい日曜のドライヴに出かける。ところがその留守中、おばあさんと加奈子夫人は又しても大げんか、その上正行まで加わって大あらしとなったあげく、夫人は帰って来た久子に出てくれと云う。女中に同情するおばあさんは、久子と一緒に繁の家へ行くことにした。ところが二人の娘たちは久子の幸福をうらやむ事しきり、ひそかに久子を愛していた勇は、彼女の門出にブローチをおくる。これを見た正行も加奈子夫人も、だんだん自分の身勝手を反省するようになった。やがて久子は、繁とつれだって故郷の田舎へ帰ることになった。嵐家の一同も駅まで送って行く。動き出した列車の中には、おばあさんも乗っている。

解説

「遠い雲」の木下恵介の脚本により川頭義郎が監督。(第一回)同じく第一回として荒野諒一が撮影を担当。主なる出演者は「花嫁はどこにいる」の日守新一、「青空の仲間」の岸輝子、「遠い雲」の田村高廣、佐田啓二、「あすなろ物語」の久我美子、他に日塔智子、山本和子など。

1955年9月21日より

  • 配給
  • 製作国
  • 日本(1955)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト