作品 映画館 ニュース

牢獄の花嫁

ある夜、大川端で南町奉行所の同心が、左手の中指を切りとられ、袈裟がけの一刀で殺された美女の屍体を大つづらで運ぶ口の不自由な岩松を捕えた。与力東儀は、さっそく名与力塙江漢に助力をこうが、彼はただ、岩松を放てというだけで、この事件に介入することを肯じない。そこで東儀らは岩松を放ってその後をつけ、笛指南由起の宅に踏み込んで見ると、そこには再び惨殺された男の死体があり、逃れ去る姿は江漢の息子郁次郎であった。この現場に大阪天満の与力羅門塔十郎が現れ、証拠品とおぼしい笛と印篭を東儀に示すが、これは郁次郎の持物であり、その中からは、次の殺人を予告する密書が出た。その予告通り、八幡の境内で巫女月江が殺されるが、郁次郎も東儀によってその場で捕えられた。わが子の無実を信ずる江漢は、牢中の郁次郎に会い、遂に事件の究明に乗り出すが、郁次郎は許婚者の花世が事件に関係あるともらすだけで、その全貌を語らない。そこで江漢は花世の母を訪ね、殺された由起、月江、そして花世がさる大名の血を引く姉妹であること、三人の中指の爪が黒いこと、郁次郎の処罰に反対する家老大和守がこの事件に関連あることを知った。やがて大和守に対面した江漢は、三人の娘が勢州三ノ輪八千石当主の御落胤であり、お家騒動の結果身を落したこと、また郁次郎はこのお家騒動を究明するために大和守から派遣された密偵であることをきいた。郁次郎はその真相が明るみに出ることを恐れて、何も語らなかったのだ。そして、郁次郎の罪は斬首と決定した。我が子の処刑の日を前に、狂気の如く江戸市中をさまよう江漢の頭には、老いたるとはいえ、名与力と謳われた一世一代の推理をしぼった果の謎の解明が閃き始めていた。その夜、江漢は、花世に落胤の証拠である懐剣を持たせて羅門塔十郎家へ赴かせた。人影なき大川端に花世を誘った塔十郎は、俄かに抜き討ちを浴せかけた。美女二人を殺め、郁次郎を無実の罪に陥し入れたのは公儀お役目の仮面にかくれて、実は、千早家隠謀の張本人田川内膳に躍らされた剣魔塔十郎の仕業であった。花世から懐剣を奪った塔十郎は、内膳と示し合せ、手先の女玉枝を御落胤に仕立てて千早家上屋敷に赴いた。だが、その時、既に塔十郎の身辺には、江漢の指図に依って十重二十重の捕物陣が布かれてあった。断末魔にのたうち狂う羅門塔十郎と田川内膳を尻目に江漢は白々と明けかけた大江戸の町を一散に、吾が子郁次郎が進みつつある刑場へと走るのであった。

解説

吉川英治の原作を五都宮章人(比佐芳武、依田義賢、民門敏雄、八尋不二、柳川真一の合同ペンネーム)が脚色し「御存知怪傑黒頭巾 新選組追撃」の内出好吉が監督、「旗本退屈男 謎の伏魔殿」の松井鴻が撮影を担当した。主なる主演者は「旗本退屈男 謎の伏魔殿」の市川右太衛門、「夕焼童子 二部作」の伏見扇太郎、「御存知怪傑黒頭巾 新選組追撃」の喜多川千鶴、「踊り子行状記」の長谷川裕見子、「由起子」の小沢栄など。

1955年8月29日より

  • 配給
  • 製作国
  • 日本(1955)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト