作品 映画館 ニュース

お役者小僧 江戸千両幟

岡崎藩士稲葉剛太郎は末を契った芸者小えんを助けようとし、過って上役を殺した。追われる途中、二人は役者中村歌右衛門に救われたが、小えんを旗本大野逸斎に奪われた。崖から落ちた剛太郎は蘭法医柴凌海と娘お梅に助けられて江戸へ向う道中、三島で眼を病む歌右衛門に会い、凌海の治療で失明一歩前の眼病が治り、以来三人の間に強い友情が結ばれた。小えんは女の弱さから逸斎の囲われ者となり、彼女を求めて旗本屋敷を荒す剛太郎も、お役者小僧と呼ばれる怪盗になり果てた。それを知らぬお梅は彼を慕いつづけ、また彼と同じ長屋に住む岡っ引仁助の妹お妙も彼に心を惹かれていた。仁助はお役者小僧が剛太郎とも知らず怪盗の後を追求したが、剛太郎はこれ以上凌海父娘に迷惑をかけるに忍びず秘かに別れを告げた。凌海は大名に抱えられる事を嫌ったが、小えんを探すためを思って松平丹波守のお召しにより逸斎の邸へ行った。然し医者を幇間視する丹波守に踊りをおどれと云われて怒り、今人気の歌右衛門を呼んで踊らせる、もし歌右衛門が来なければ切腹すると断言した。手紙をうけた歌右衛門は観客に事情を話して逸斎の邸へかけつけた。面目を失した逸斎は部下に命じて凌海に斬りつける。そこへ剛太郎が踊りこんで大乱闘となり、小えんは逸斎に斬られて死んだ。剛太郎らが危機に落ちた時、お役者小僧と瓜二つの侍で、かねて彼をかばっていた遠山金四郎が現れて一同を救った。数日後、金四郎の粋な裁きでお役者小僧は長崎に遠島を命ぜられた。そして金四郎、凌海、歌右衛門、仁助、お妙に見送られて江戸をたつ剛太郎の側に、旅姿のお梅がつれそっていた。

解説

平凡連載の小説を「鬼斬り若様」の犬塚稔と「喧嘩奴」の安田重夫が共同で脚色し、「伝七捕物帖 女郎蜘蛛」の福田晴一が監督に、「八州遊侠伝 源太あばれ笠」の片岡清が撮影にあたった。主なる出演者は「八州遊侠伝 源太あばれ笠」の高田浩吉、「忍術児雷也 逆襲大蛇丸」の大谷友右衛門、「海の小扇太」の大河内傳次郎、「新婚白書」の宮城野由美子、「愛情会議」の浅茅しのぶ、「元祿名槍伝 豪快一代男」の近衛十四郎、「修禅寺物語」の岸恵子、「あっぱれ腰抜け珍道中」の伴淳三郎などである。

1955年8月10日より

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • 日本(1955)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト