作品 映画館 ニュース

大岡政談 人肌蝙蝠

大岡越前守は石子伴作、八助の二人を供につれて、途中で一緒になった女おゆうと共に箱根山の宿屋杉屋に湯治にやって来た。その日の朝、杉屋の一室で若い侍の自殺があった。越前はその死を他殺によるものと断定した。伴作の調査により侍は小田原藩の二階堂主馬で藩の御金蔵が破られたことの責を負い、消息不明となっていたものであることが判明した。以来越前達は何者かに生命を狙われ始めた。伴作と八助は自分達を襲った曲者の一人の腕に蝙蝠の入墨のあるのを見つけた。杉屋の泊り客の一人高田周兵衛と彼を父の仇と狙う小松直之進兄妹の間を裁いた越前はそれを見て泣くおゆうに彼女が死んだ主馬の妹であることを知っていると打明けた。その夜腕に蝙蝠の入墨を見せて宿の娘お静が入浴していると、懐剣を持ったおゆうが兄の仇だといって入って来た。お静は小田原藩にうらみを持つ女であり、宿の亭主でお静の父親になっている勘六や宿泊人の浪人多九郎や箱根山の猟師で口の不自由な友造も彼女の一味であった。その頃越前の手配により捕手が迫っていた。一度金塊を持って出た多九郎もまた宿屋に逃げ帰って来た。一味は越前に迫り多九郎は爆薬を投げたが手元が狂ってお静とおゆうのいる風呂場へ飛んで爆発した。お静は材木の下に押潰された。おゆうは蹌踉と出て来た。すでに宿は御用提灯で囲まれていた。

解説

小説倶楽部所載の陣出達朗の原作を「虚無僧系図」の八尋不二が脚色し「落日の血闘」の野口博志と永塚一栄がそれぞれ監督撮影に当る。出演者は「木曽の風来坊」の坂東好太郎と「落日の血闘」の雨宮節子、「志津野一平 地獄の接吻」の高友子と安井昌二、「天下の若君漫遊記」の明智十三郎、「七つボタン」の長門裕之と芦川いづみなど。

1955年8月16日より

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • 日本(1955)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト