作品 映画館 ニュース

おしゅん捕物帖 謎の尼御殿

江戸に若い娘の髷を斬る侍姿の通り魔が現われ、どうしても捕まらない。病気の御用聞藤兵衛を訪れた同心安井は、藤兵衛の娘おしゅんに父の跡をつがせようとするが駄目だった。然しおしゅんの親友で、間もなく婚礼を控えたお絹が髪を斬られ、それを悲んで投身自殺をとげると、おしゅんはその復讐に立上った。浅草で興行中の女奇術師ジャガタラお蝶一座の用心棒前田重四郎は、犯人らしい侍と同じ紋の着物から疑いをかけられていた。おしゅんは彼を無実だと思ったが、犯人は確かに重四郎と同じ着物を着ているに違いないことをつきとめた。髷斬りはその後も跡をたたず、重四郎は自分の着物についた女の匂いから誰かがその着物を着たと思い、おしゅんと一緒にお蝶を問いただそうとしたが、すでにお蝶は殺されていた。おしゅんと重四郎は怪しい武士たちが牧野大和守の屋敷へ逃げこんだのをつきとめた。翌日おしゅんは牧野家にのりこみ、琴姫と面談した。琴姫は泣きながら犯人は彼女の弟だといったが、おしゅんは信じなかった。琴姫は家来の隼人に命じておしゅんを斬らせようとしたが、危く重四郎に救われた。琴姫は追いつめられて自殺し、殺人犯は長崎屋だと言い残した。琴姫は幼少の時、侍女だったお蝶の誤ちから頭に火傷をおって丸頽げになり、そのため若い娘の髷を見ると斬り落さずにはいられない異常性格者になったのである。御殿には尼姿の侍女だけを置いたが、琴姫は男装して巷に出没し、娘の髷をきった。長崎屋はこの秘密を握り、牧野家を脅迫して密貿易をやっていたが、秘密がばれるのを恐れてお蝶を殺したのだった。おしゅんは重四郎の助けを得て、ついに長崎屋一味を逮捕した。

解説

久生十蘭の『都鳥』から「密輸船」の小国英雄が脚色し、「六人の暗殺者」の滝沢英輔が監督に、「あした来る人」の高村倉太郎が撮影にあたる。主なる出演者は「木曽の風来坊」の月丘夢路「七つボタン」の三國連太郎、「うちのおばあちゃん」の北原三枝、「猿飛佐助」の広岡三栄子、「落日の血闘」の明智三郎、「銀座の女」の南寿美子、新人堀恭子などである。

1955年7月26日より

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • 日本(1955)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト