作品 映画館 ニュース

長脇差大名

いがさま賭博を見破ったため、土地の親分勝五郎に追われた役者くずれの鶴三は、女スリお駒や浪人梶原十介と知り合った。鶴三は一生に一度、殿様になって見たいと思っていたが、計らずも松平家のお家騒動にまきこまれてしまう。病気の忠正の後を長子左馬之介が継ぐ日も近づいた時、腹違いの弟源太郎は次席家老前田大膳と許り、兄の許婚者桜姫を奪い家督を横領しようとする。十介は刺客として大膳に雇われた。野馳けに出た左馬之介は小姓六弥に眠り薬を飲まされて意識を失い、覆面の暗殺者達が近づいた時、ふいに飛出した鶴三の度胸剣法が見事に左馬之介を救った。家督相続の式場に、病気の筈の左馬之介が悠然と現われ、大膳一派の奸計は失敗した。それは家老柳生丹波が左馬之介と生写しの鶴三を代役に立てたのであった。気づいた大膳等は直ちに菩提寺にいる左馬之介を千仭谷の別荘に幽閉する。その場所を偶然耳にしたのはお駒であった。その間、鶴三は左馬之介になりすまし、桜姫と表面は夫婦を装って家中の目をごまかしたが、殿様の幽閉をお駒から聞くと、ただ一人で千仭谷に向う。大膳は左馬之介を斬ろうとするが、目覚めた源太郎に邪魔されて果さず、源太郎を斬りすてる。踊りこんだ鶴三は大暴れ、刺客の十介と刀を交えたが十介は谷へ落ち、大膳はついに鶴三に斬られた。殿様を無事に帰した鶴三が立去る途中、事の洩れるのを怖れた丹波が刺客をさしむけた。怒りに燃えた鶴三が猛然と闘う時、忽然と現われた十介が彼と力を合せて刺客達を撃退した。それから暫くして、街道を行く鶴三の後を追っかけるお駒の姿を、十介は笑って見送った。

解説

「隠密若衆」と同じく松浦健郎と神戸浩が共同で脚本を執筆し、「青春デカメロン」以来久しぶりの加戸野五郎が監督し、「ほらふき丹次」の河崎喜久三が撮影する。主なる出演者は「地獄谷の花嫁」の黒川弥太郎、「明治一代女」の藤木の実、「鶏はふたたび鳴く」の南風洋子、「めくら狼(1955)」の田崎潤など。

1955年03月08日より

  • 配給
  • 製作国
  • 日本(1955)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら