作品 映画館 ニュース

暗黒街シリーズ 荒っぽいのは御免だぜ

一匹狼の殺し屋相良徹は、自分の雇主花輪英二の裏切りによって監獄へぶちこまれた。八年の刑期を終って出所した徹は、マンションで花輪を射殺し、愛車ポルシェでその場を去った。そのポルシェを実という少年が見ていたのを徹は知らなかった。出所した徹の新しい雇主は、麻薬ルートの独占を計る、金山興行の金山社長で、競争相手の榊を殺すことで、三千万円の殺しの契約をした。榊の支配する関西に飛んだ徹は、南禅寺に榊を襲ったが失敗した。その上、榊お抱えの殺し屋黒木につけ狙われる始末だった。やっと黒木を倒した徹は、深夜、榊ビルに忍びこみエレベーターで夜を明かした。翌朝、榊が数人の護衛を連れて現われた。そして社長室に入る瞬間、徹の拳銃が乱射された。榊を倒した徹は風のごとく関西を離れた。首尾よく、三千万円を手に入れた徹だったが、花輪殺しの目撃者が現われたことを知って愕然とした。目撃者暗殺計画を練った徹は、警視庁に面したビルの屋上からライフルを構えた。刑事たちに物々しく囲まれて警視庁入りする目撃者。それを顔見知りの実少年と知って徹は、どうしてもライフルを発射することができなかった。この事実を知った金山は、徹に払った三千万円強奪をもくろみ、実を誘拐し、その引きかえとして三千万円を徹に要求してきた。場所は御殿場の金山別荘。徹はポルシェに乗って金山別荘に向った。別荘では金山の用心棒たちが、ものものしい警備体制をしいていた。だが、徹は殺しの専門家だ。用心棒たちの隙をみて別荘に忍び入り、金山を射殺した。徹はあっという間に実少年を連れて逃れ去っていた。

解説

「暴れ豪右衛門」の井手雅人と「日本侠客伝 雷門の決斗」の野上龍雄がシナリオを執筆、「日本暗黒街」の瀬川昌治が監督したアクションもの。撮影は「侠客三国志 佐渡ケ島の決斗」の星島一郎。

1967年1月14日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト