作品 映画館 ニュース

黄金の掟

みどりの恋人圭一は、キャバレー銀の城の社長原口に魅入られて、悪の道に踏み込み行方不明になった。恋人が抹殺されたことを確信するみどりはその証拠を掴むべく銀の城のダンサーとなった。社長の原口とマネージャーの望月はみどりをめぐってことごとに対立した。執拗に言い寄る望月のために危機に立ったみどりは、ふらっと銀の城に入ってきた新次という青年に救われた。新次もかつて危いところをみどりに救われていた。望月が邪魔になる原口は新次の腕っ節を見込んでやとい、望月抹殺を企てた。すり変えられた品物で取引に望んだ望月は、それが発覚して取引相手に消されようとするが、この原口の計略を潔しとしない新次に助けられた。みどりの持っている写真から、みどりの恋人が兄圭一であったのを知って新次は驚いた。そうした二人の会話を暗がりの中で原口が聞いていた。そんな時、東京の「竜馬会」から原口のもとへ一葉の写真の照合があった。新次の顔である。一年前新次は竜馬会の員算であった。ミドル級のタイトルマッチで、挑戦者陣野を脅迫して敗けることを約束させていた竜馬会を裏切り、陣野を激励して勝たせてしまったのだ。激しいリンチに遭ったが、会場の売り子であったみどりに逃げ口を誘導されて逃げ出して以来、彼らに追われていたのだ。原口はこれを切札として取っておくことにした。新次は兄の仇が原口であるのを知り、外国人童との麻薬取引の場で、原口を取り押えようとした。その瞬間に望月が現われるがみどりの機転で望月も原口と一緒に新次の拳銃の前に立たされた。その時竜馬会が飛び込んで来た。乱闘の中で原口と望月は手を握り会い、みどりを拐うと車で逃げ出した。必死に追跡した新次はゆきづまりの断崖に二人を追いつめた。みどりを救出するが原口の一弾を肩にうけて失心してしまう。逃走を急ぐ原口と望月は断崖から自動車もろとも消えていった。

解説

松浦健郎・上野研一の脚本を、「まぼろし峠」の藤原杉雄が監督したアクションもの。撮影は「嵐の中の若者たち」の福島宏。

1960年11月9日より

  • 配給
  • 第二東映
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト