つばくろ道中

我孫子水神の祭礼の夜、宍戸のおりん一家が幕張一家の賭場を荒らし、幕張利兵衛の息子藤吉の片腕を斬った。幕張一家は殴りこみをかけようといきりたつが、利兵衛の顔は冴えなかった。十五年前、男の意地から後添えの女房おりんを賭け、敗れた宍戸の吉兵衛に引渡したものの、いまだに未練があったのだ。おりんは、今朝吉とも無理に別れさせられ、吉兵衛を闇討ちされたと思いこみ、利兵衛に激しい憎しみを抱いていた。利兵衛は喧嘩状を今朝吉に持たせ、宍戸一家に届けさせることにした。今朝吉は途中門付娘おなつと親しくなり、やがて我孫子の兼六一家にワラジを脱いだ。その夜、寝ているところを襲われた。兼六の手に短筒が光った。が、短筒は何者かの投げた徳利に叩き落された。旅から帰った用心棒の矢波一八だった。再び兼六が放った短筒が肩をかすめ、今朝吉は崖から転落した。一八は、懐の喧嘩状を見、今朝吉を逃がした。宍戸一家の源造らは、幕張一家の不意をついて殴りこみをかけ、利兵衛を斬った。父を討たれたことを知った今朝吉は、一人宍戸へのりこんだ。死闘する今朝吉、後から襲う槍の前に、おりんが身を投げた。「おっかさん」と取りすがる今期吉の腕の中で、おりんはうれし気に息たえた。今朝吉は一八の助けで宍戸一家を斬った。今朝吉は、一切の罪をかぶって自首する一八に送られ、「堅気になって帰る」とおなつと別れ、旅立った。

解説

「親鸞」の成澤昌茂と、鈴木尚之の共同脚本を、「まぼろし大名」の河野寿一が監督した娯楽時代劇。撮影は「蛇神魔殿」の鈴木重平が担当。

1960年9月18日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト