源太郎船

流人島三宅島で島抜けの騒動が起った。密告者として源吉が仲間の折檻をうけた。流人仲間では親分株の東金の佐十が助けた。源吉は佐十を見て驚いた。−−源吉は日本橋の地金問屋丸尾の手代だった。ある日、客を装った男が珊瑚珠を奪おうとするのを見破った。その男が佐十だった。このことが契機で、源吉は家つき娘お浜と結ばれた。番頭の春蔵が中傷した。源吉とお浜は店をとび出し、世帯を持った。抜け荷買いの罪が丸屋にふりかかった。源吉は罪を一身にひっかぶろうと決心した。なじみの芸者小えんが大目付河内守と親しいのを幸い、そのとりなしを河内守に頼んだ。−−島送りとなって数年、源吉は赦免された。帰った彼に、小えんが話を聞かせた。丸屋は全焼し、再建は不可能なこと。春蔵が源吉は死んだといい、お浜は店の建て直しのため、養子を迎えたこと。源吉は酒にうさを晴らした。流しの女が遊び人たちに痛めつけられているのを見、助けた。佐十の妹お澄だった。お澄の夫は陰謀をかぎつけたため、奉行半井刑部らによって殺されたという。源吉は柳橋一帯を縄張りとする水戸屋伝吉を知り、名も源太郎と改め船頭となった。老中植村駿河守を後盾に半井刑部は柴田屋仁右衛門らと組んで、金の海外輸出をはかっていた。これに丸屋をもひきずりこもうというのが刑部らの狙いだ。彼らにとって目の仇は、河内守である。刑部らの陰謀は成功し、河内守はお預けの身となった。刑部らは、これを機に集めた金を長崎へ運んだ。お澄が彼らの手によって殺された。東蔵は、お浜をおとりに源太郎をおびき寄せようとした。お浜が監禁されているのを知った源太郎は、単身出かけた。が、罠にはまり地下牢へ落下した。そこには、お浜が捕われていた。水が出、みるみる増した。と佐十らが駈けつけた。役人も来た。−−源太郎とお浜は、河内守迎えの使者として、船で品川を漕ぎ出した。

解説

川口松太郎の新聞連載小説を渡辺邦男と松村正温が脚色し、「おさい・権三 燃ゆる恋草」の渡辺邦男が監督した時代劇。撮影も「おさい・権三 燃ゆる恋草」の渡辺孝が担当した。

1960年6月15日より

  • 配給
  • 大映
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト