草間の半次郎 霧の中の渡り鳥

草間の半次郎は笹川一家の助人になり、飯岡一家と大利根で対決したが、同じ助人・横瀬の弥市を救うため飯岡方と結ぶ不浄役人を斬って鹿島路の浜津賀へ逃げた。彼はそこで、中富十兵衛という浪人者と知り合う。土地のやくざ境田の安五郎は飯岡方のために半次郎を探していた。また彼は村の娘たちをむりやり他国へ売り飛ばそうと狙っていた。半次郎はそういう村娘を救ったが、村の網元平田屋の女主人おとくはやくざ嫌いで、彼を村から追い立てようとした。半次郎は平田屋の分家の女主人おこよのとめをふりきって村をでかけるが、安五郎が村を再び襲うという十兵衛の言葉に、ひそかにおこよの家にとどまった。安五郎は平田屋に現れ、おとくをおどした。十兵衛は姿を消し、数日後、十数人の男を連れ、国家老関口の添え状をもって帰ってきた。彼は家老の甥だった。男たちは水戸の貸元水戸屋の若者たちだった。彼は半次郎を柱にして、この大時化で男手を失った村を再建したいと考えていた。若者の一人・長太郎が半次郎に意外な話をした。長太郎の連れた捨て子の捨松がおとくの目にとまり、彼女は自分の子新太郎が幼い時ゆくえが知れずになったことを話したのだ。証拠の左腕の三つのホクロは半次郎のそれとぴたりである。平田屋の美女おけいは新太郎の許婚とされていた。海神祭りの当日、安五郎が平井の源右衛門とともに、おとくとおけいを人質にしようとした。半次郎は十兵衛らとともに彼女らを救った。おとくは半次郎を頼もしい若者と思い始めた。安五郎らは飯岡から助人を呼び、おけいとおとくを人質にした。半次郎は母と許婚者を救いに単身でかけた。十兵衛が追った。安五郎一味は倒された。おとくとおけいの呼び声を後に、半次郎は夜霧の中に消えていった。

解説

「多羅尾伴内 七つの顔の男だぜ」の比佐芳武の脚本を、「さいころ無宿」の内出好吉が監督した股旅もの。「旗本と幡随院 男の対決」の山岸長樹が撮影した。

1960年5月29日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト