あやめ笠 喧嘩街道

島の秀五郎一家と牛堀の鬼造一家の争いを仲裁して男をあげた旅鴉、あやめの雁太郎は、日本一の大親分を夢見て行方定めぬ旅に出た。とある峠で旅人風の男を救ったが、何と名うての道中師いたちの弥吉で、後を追って来た武家娘に恨まれた。その筈、弥吉が娘からすったのは仇討赦免状だった。数日後、雁太郎は倒れていた娘に会い、手厚く看護した。娘は高遠藩重役小山田左門の娘深雪で、父を殺害した藩士秋山隼人をさがしていた。雁太郎は隼人を知っていた。彼が男をあげた仲裁の陰には、鬼造一家の用人捧隼人の尽力があったからである。仇討の介添役として、高遠藩剣道指南、筧伝八郎と門弟が、二人の旅に加わって来た。喧嘩仲裁を恨んだ鬼造一家が雁太郎を不意討ち。子分どもを倒した。深雪に隼人の消息を告げて立ち去ったものの、深雪の姿が忘れられない。助太刀を決意して秀五郎の家に戻ると、秀五郎はすでに鬼造一家に闇討ちされ、娘のおみつ達は仇討を急いだ。出入りをまかされた雁太郎は鬼造の賭場で、秀五郎殺しに仕立てられて危くだまし討ちにされようとしている隼人を助けた。深雪に本懐をとげさせようと村はずれに二人を引き合わせた雁太郎に隼人は意外な事実を告げた。左門と果し合いはしたが止めは刺さない、真の下手人は深雪に横恋慕する伝八郎だというのである。しかも深雪と隼人は親も許した恋仲だった。誤解もとけて抱き合う二人の姿に、雁太郎は淋しく駆け去った。夜明けを期して、伝八郎らを味方に引き入れた鬼造一家と、雁太郎とおみつを先頭に、隼人と深雪も交えた秀五郎一家が千本松原で対決した。雁太郎の長脇差剣法は千本松原を朱に染めた。……村はずれの一本道、追いすがるおみつをふりすてて、雁太郎は旅立った。

解説

永江勇のオリジナル・シナリオを、「大江戸の侠児」の加藤泰が監督した股旅もの。「風小僧 風雲虹ヶ谷」の森常次が撮影した。

1960年5月17日より

  • 配給
  • 第二東映
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト