関東刑務所帰り

刑を終えて、ある漁師町に姿を現わした政吉は、刑務所で知りあった岡井組の石松が、河出一家の松に痛めつけられているのを見て助けた。これが縁で、政吉は岡井組に草鞋を脱ぐことになった。一方、河出一家の親分仙八と代貸の円蔵は、岡井組を潰そうと隙を狙っていた。そして政吉が岡井組に草鞋を脱いだと知ると、流れ者の殺し屋大五郎と弟の秀に政吉の始末を頼んだ。そんなある日この町の祭礼が始まった。祭礼を取りしきるのは岡井組だが、円蔵は夜店を壊し、挙句に放火という手段で、祭礼の妨害に出た。いきり立つ子分を静めた岡井は、政吉が相手を刺激していると見て、兄弟分で漁場を仕切っている源二郎に政吉を預けた。政吉は堅気になろうと決心して漁に精を出した。そんな彼に、岡井の一人娘雪絵が恋心を燃やしていた。河出一家の狙いは源二郎の持つ鉄道荷役の権利と岡井組の縄張りだが、円蔵はまず、源二郎を殺して操車場を手に入れてしまった。あくまで衝突を避けようとする岡井を見た河出一家は、関東一円に勢力を持つ藤沢を金で抱き込み、さらに陸軍主計将校殿山と結託して、岡井の持つ御用商人の権利を奪おうと計った。そんな間に石松が惨殺され、岡井は煮えくりかえる気持ちを押さえて、御用商人の権利を仙八に渡した。しかし、仙八はその岡井を大五郎に斬らせたのだった。円蔵はその上、大五郎を拳銃で射った。傷ついた大五郎は、仙八のきたなさに怒り、殿山を斬った。一方、恩義を受けた源二郎と岡井の死に、刀を封印して堅気らしく黙っていた政吉は、ついに勘忍袋の緒を切らして、白鞘の封印を破った。その足でまっすぐに仙八らのいる料亭に殴り込み、傷を負った大五郎も、政吉を殺させたくないため加勢した。仙八、円蔵、藤沢は、二人の刀に次々と倒されていった。そのあと、大五郎は政吉に勝負を挑んだ。しかし、傷を負っている大五郎は政吉の敵ではなかった。すべてが終ったあと、政吉は顔馴染みの久保刑事にひかれて行ったが、その後姿を、雪絵はいつまでも見送っていた。

解説

「関東も広うござんす」のコンビの甲斐久尊がシナリオを執筆し、武田一成が監督した任侠もの。撮影は「夕笛」の横山実。

1967年12月9日より

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト