激流(1967)

生花界の権威である飛鳥流家元の一人娘翠と、その分家の娘紅は、姉妹のように親しかったが、生花界の名花二輪、とマスコミで騒がれるほどの実力を持つ二人は、反面、よきライバルでもあった。紅は父華舟の死後、ひとりで分家を守り、清楚な美しさに応わしい生活を送っていたが、内面には激しい気性を秘めていた。一方、翠は自由奔放な青春を送り、紅と対照的な女だった。翠には父光風が気に入っている良平という婚約者がいたが、良平を好きにはなれないでいた。ある日紅に、彼女の後援者で料亭の女将ときから縁談を持ち込まれた。相手は社長の御曹子邦夫で、話がまとまれば生花学校を建てると言う。その取り引きめいた申し出に紅は緑談を断った。その夜、紅は良平の兄で作曲家の達也と会い心を惹かれた。そして、交際を深めていった紅と達也は、いつしか結ばれていた。だが間もなく、二人が箱根に遊んだ時、達也が湖上で水上スキーを楽しむうちに、流木に足をとられて溺死してしまった。紅は既に妊娠していた。この出来事で、後援会は解散し、弟子たちは去っていったが、良平はそんな紅の唯一の味方だった。翠は良平との婚約を破棄し、邦夫と結婚した。やがて、紅は亡き達也の子を生んだ。その紅に想いを寄せる良平の愛に紅は悩んだが、ある夜、良平と愛を交した。翠が横暴な邦夫と離婚し、光風が病床に伏したこともあり、飛鳥流のコンサルタントだった良平の助けを必要としていたのは、そんなときだった。飛鳥流の発展のためには翠が跡を継ぐほかはないと考えた紅は、良平との愛をきっぱりと諦めるのだった。彼女にとっていまは、達也を思い出させる彼の子と、生花だけが生きがいとなった。その後、紅の作品は一段と冴えを増した、と生花界では評判であった。

解説

「雌が雄を喰い殺す かまきり」の井上梅次と、「痴人の愛(1967)」の池田一朗が共同でシナリオを執筆し、井上梅次が監督した女性もの。撮影は「かあちゃんと11人の子ども」の長岡博之。

1967年8月19日より

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト