対決(1967)

大正末期。上州富河原一帯に勢力を張っている芝寅一家は新興やくざの高安一家に押され気味だった。芝寅は次々と縄張りを荒されるに及んで、ついに殴り込みを決意し、それを銭山にまかせた。銭山は代貸清太郎の弟直二郎や客人の満州常を率いて高安一家に殴り込んだ。彼らは高安と代貸益子を逃がしたものの、勝負は芝寅一家の勝利に終った。しかし翌日、芝寅の宴会の席に高安とその残党が殴り込み、電灯の消えた暗闇の中で芝寅と高安が殺された。このため直二郎は清太郎の命令で、一切の責任を負って自首したのだった。−−それから六年後、出所した直二郎が帰ってみると富河原は手を結んだ金山と益子に支配され、清太郎は乞食同然に放り出されていた。しかも直二郎と相思相愛の仲だったおしんは銭山によって遊廓に売られ直二郎に会うと自殺してしまった。怒った直二郎は暴れ回ったが、益子に捕われて悽惨なリンチを受けた。それを見た銭山はさすがにとめようとしたが、益子は狂気のように直二郎を痛めつけるのだった。しかし、直二郎は益子の洩らした言葉から、芝寅を殺したのが、銭山に命ぜられた満州常であることを知った。その満州常は、かつての殴り込みの際、直二郎に命を助けられた恩を返すため、彼を益子のリンチから救い出したのだった。芝寅の死にからんで対立する二人の間に、友情が芽生えたのはその時からだった。一方、仲間割れで益子を殺した銭山は直二郎を逃がした満州常を怒って捕えたが、今度は直二郎が救い出した。直二郎は芝寅の本当の仇は銭山とばかり斬りつけたが、銭山のとどめを刺したのは清太郎だった。銭山の子分らが、彼らと手を切った満州常と、直二郎に倒されたのはその直後だった。

解説

「嵐来たり去る」の池上金男と舛田利雄が共同でシナリオを執筆し、舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は「君が青春のとき」の萩原憲治。

1967年9月6日より

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト