なにはなくとも 全員集合!!

初夏の草津。赤字つづきのローカル線の新駅長として着任するため、列車を降りた白坂は、彼を町の有力者と間違えた旅館の若旦那風太にある宴会場に連れてこられた。自分の歓迎会だと勘違いした白坂は大いに飲んだが、実はそれは、鉄道と旅客の獲得をめぐって犬猿の仲にあるバス会社の宴会だったのだ。酔った白坂はバス会社批判の演説をぶって、碇谷営業所長を怒らせた。翌日、初出勤した白坂は駅員の粗忽者の加藤や仲本を前に、バス会社におくれをとるな、と訓示をしたが、白坂の娘悦子が年頃の美人とあって、加藤と仲本は大いに仕事に精を出し、駅舎をきれいに磨きあげた。一方、碇谷は所員の荒井や新川を激励して、新路線を計画し、鉄道を利用する客を奪い取ろうと準備怠りなかった。そんな時、崖崩れで鉄道がストップし、白坂は慌てたが、碇谷はニヤニヤしながら彼をからかった。頭に来た白坂は、小料理「しらたま」に足を向け、美人マダムのみゆきに慰められたが、心は晴れなかった。そんななかで、新路線のバスの開通式が行なわれた。その夜、宴会帰りの所員たちは加藤たちと大乱闘を演じ、ますます、双方の敵対意識を高めていった。ところが、そんなある日、白坂の息子の勇が新川の運転するバスに危うくひかれそうになり、かすり傷を負うという事件が起った。本来なら、これが双方の間を決定的にする機会となるはずだったが、この事件をきっかけに知りあった悦子と新川が、お互いに恋を打ち明けあう間になっていった。最初は怒った白坂も悦子の幸福を考えて二人の結婚を許し、碇谷とも和解の手を握ったのだった。それから数日後、白坂夫妻や碇谷夫妻、みゆき、それに淋しそうな顔の仲本や加藤らに見送られて新川と悦子は新婚旅行に発って行った。

解説

田波靖男の原作を、「ある殺し屋」の石松愛弘と、「男なんてなにさ」の渡辺祐介が共同で脚色し、渡辺祐介が監督したコメディ。撮影は「フォークで行こう 銀嶺は恋してる」の堂脇博。

1967年8月5日より

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト