網走番外地 決斗零下30度

網走刑務所で五年の刑を終え、行くあてもない一人旅をしていた橘は、汽車の中でノサップのサガレン炭鉱にいる父を訪ねて行くという少女チエに会った。交通機関といえば馬橇しかないサガレンの炭鉱街、橘は強欲な万屋の主人英造から二十万円の労働保証で馬を借り、無事チエを父親大槻の所に連れて行ってやった。ところが血も涙もない坑夫長の蝮は大槻を鉱山の中に入れ、父娘の間を裂こうとした。怒った橘は蝮を殴り倒し、大槻の代りに彼が鉱山に入った。鉱山はまさに生き地獄だった。サガレン炭鉱をタコ部屋同然にして、支配人関野は悪どく儲けていた。橘にやられた蝮は橘が万屋から借りた馬を殺し、その上関野一味と組んで橘を半殺しの目にあわせた。そして、あわやという危機を救ってくれたのはクラブ“コタン”のマネジャー白木だった。九死に一生を得た橘はこの後、約束通り万屋の下働きとして働かねばならなかった。そうしたある日関野の所に用心棒の吉岡と共に西条弓子がやって来て、炭鉱の権利書を奪って逃げ去った。それというのもこの炭鉱は、もと西条家の持ち鉱山で、関野が借金のかたに乗っ取ったものだった。弓子と吉岡が、後から追いかけてきた関野一味に捕ろうとした時、ちょうど橘を探してノサップまでやって来ていた鬼寅が二人の危機を救った。だが権利書を奪われ、半狂乱になった関野は今度は損害保険金を目あてに、逡巡する白木を脅して落盤事故に見せかけた坑道爆破を強行した。大槻ら坑員は全員死亡、ことの重大さに初めて我をとり戻した白木は橘にすべてを告白し、一人で関野を追ったが、逆に殺されてしまった。一足遅れて現場に到着した橘、鬼寅、吉岡らの網走帰りに囲まれては、さすがの関野にも、もうなす術はなかった。

解説

伊藤一の原案を、「決着(おとしまえ)」の石井輝男が脚本化し、監督した“網走番外地”シリーズ第八作目。撮影は気鋭中島芳男。

1967年4月20日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト