たぬきさん大当り

たぬきさんは目下失業中の身で、大家に連日のように家賃を催促されていた。たまに仕事にありついても、気の弱い彼は失敗してクビになってしまうのだ。意気喪失したたぬきさんは、ある日かつて人間たちに手のつけられないいたずらをした彼の先祖たちの行動力をうらやみながら町を歩いていた。そして、気がついた時に「マンボ・コンテスト」の会場の入口に来ていた。勿論、入場料を持たない彼だったが、群衆にまぎれて会場に入ってしまった。ところが床に坐って見物したたぬきさんは、お尻を蟻にいやという程噛まれ、思わず盲滅法に舞台に飛び上ってもがき動いたのだが、それが大いに受け、マンボ・コンテストで一等になってしまった。思わぬことで賞金を手にしたたぬきさんは、家賃を払えて大喜び。その上、司会者から今後のダンスパーティに出るように言われ、たぬきさんは本来の明るさを取り戻すことができた。

解説

これが第一回作品となるG・M・リードと熊川正雄が共同で監督にあたった短編動画。撮影も新鋭の佐倉紀行。1巻・十七分。

1967年3月19日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト