十一人の侍

将軍の弟にあたる館林藩藩主松平齊厚の短気から、忍藩の主阿部正由が殺された。忍藩次席家老榊原帯刀は訴状を老中水野越前守に届け出た。しかし、齊厚の暴虐と知りつつも、水野は忍藩の非とした。このままでは、藩は取潰しにされると、帯刀は仙石隼人に齊厚暗殺を命じた。隼人は同志九人と共に江戸に向い、暗殺計画を綿密に練った。一方、館林藩の知恵家老秋吉刑部は、忍藩の暗殺隊を予知し、吉原に入りびたりの齊厚に警護をつけ、逆に隼人らを救うが、浪人井戸大四郎に妨げられてしまった。やがてある日帰藩するために、齊厚は刑部の率いる五十人の騎馬隊に守られ、日光街道をひた走っていった。それを隼人らが待ちうけていた。しかし、その矢先、水野に踊らされた帯刀は計画中止を命令、隼人らは成功を目前にして涙をのんだ。それは水野が刑部と仕組んだ謀略だった。ことの真相を直ぐに知った帯刀は腹を切って隼人たちに詫び、怒った隼人は、すぐさま行列を追った。やがて齊厚は館林領の手前の房川に到着した。刑部にも、齊厚にも館林を目前にして気のゆるみがあった。房川に焚火をして休憩しているのを、隼人らが狙っているとは知らなかった。折から、天候はくずれ豪雨となっていった。隼人らは、巧妙な作戦を立て、一気に、齊厚を狙って斬りかかっていった。しのつく雨の中に、凄惨な死闘が繰り展げられ、刑部ら五十人を相手に、隼人らも次第に味方を失っていった。しかし、長い死闘に残ったのは、井戸大四郎ただ一人であった。すべては齊厚の短気な気性から生まれた、無意味な死闘だった。

解説

「牙狼之介」の田坂啓、「神火101・殺しの用心棒」の国弘威雄、「兄弟仁義」の鈴木則文が共同でシナリオを執筆し、「女犯破戒」の工藤栄一が監督したアクション時代劇。撮影は「牙狼之介」の吉田貞次。

1967年12月16日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト