作品 映画館 ニュース

帯をとく夏子

久し振りに伊豆に帰った夏子は、旦那の樋野造船社長佐久間の急病の知らせで、秘書課長河島と帰京したが、夏子は日陰の女の悲しさで、病院へもゆけず唯、病状の経過に一喜一憂していた。数日後佐久間が突然夏子を訪れた。一目会いたくて夏子を訪れたと、帯に手をかける佐久間に、夏子は熱いものがこみあげた。病院では佐久間の雲隠れに一騒動もちあがっていた。特に兄の再婚話を進めていた妹世賀加奈子の怒りはひとしおであった。佐久間が全快し、夏子がほっとしたのも束の間、佐久間の足は、夏子から遠のいた。夏子は友人の歳子に小唄を教えたりしながら日を過したが、ある日、夏子は小学校時代の担任教師久保に出会った。佐久間の再婚話を聞いた夏子は、久保に対して漠然とした希望を抱くようになった。一方新妻多恵子と佐久間の間がうまくゆかぬのは夏子のせいだとかんぐった加奈子は、夏子を呼びだし別れて欲しいと言った。その頃佐久間は、アルバイトでビルのガラスふきをする風変りな少女須賀子を、アパートに囲っていた。だが女子大生須賀子は、ボーイフレンドを連れこんでは、ドライぶりを発揮して、訪れた夏子は呆然とするのだった。その帰途夏子は、歳子がパトカーで連行されるのを目撃した。旦那との間に別れ話の出たのを苦にして、旦那を刺したのだ。混乱した夏子はその夜、久保に会うと一夜をあかした。夏子の家では、佐久間が目の色を変えて待っていた。佐久間は久保との対決を迫った。夏子をはさんで佐久間と久保が顔を合せた時、夏子は冷静に「パパさん夏子はもう一度歩き直します」と一礼して部屋を出た。佐久間は愕然と夏子を見送った。夕刻夏子を乗せた車は湘南を指して走っていた。

解説

舟橋聖一の“夏子”連作を「裏階段」の田口耕三が脚色、「検事霧島三郎」が田中重雄が監督した風俗もの。撮影もコンビの高橋通夫。

1965年4月17日より

  • 配給
  • 大映
  • 製作国
  • 日本(1965)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト