お座敷小唄

先斗町のお茶屋「よしの」の一室。倒産寸前の東証券の副社長・東恵二は、養父である社長・東正一郎の頼みで、父と芸者京弥との別れ話をするために、京弥と向い合っていた。が、京弥はそんな恵二のいうことを聞かず、派手に泣き叫んでいた。そんな折、通りかかったのが「よしの」の一人娘雪子であった。雪子は話の次第も解らぬまま、京弥をかばった。雪子は母福子の営む水商売が嫌いで高校、短大と学校へ通うことをいいことに逃げまわっていたのを、計理士藤田との見合のために母に連れもどされていたのだ。堅いばかりの藤田にいや気がさしていたやさき、この名だたるプレイ・ボーイ恵二は雪子に新鮮な印象をあたえた。妻友子がありながら、自ら女にだらしのない男と自負する恵二は、雪子をドライブに誘った。負けず嫌いの雪子は、世間知らずの意地と強がりでこれを承知した。雪子の小さな心は、恵二の新型車のクッションの中で妖しくふるえていた。だが車が名古屋に着いたとき、馴染の芸者花子の子供の急病を知り、恵二は自ら医者を呼びに走り、献身的な看護ぶりをみせた。また道に迷った雨の一夜も、恵二は雪子に指一つふれようとしなかった。やがて車は東京に近づいた。雪子の心も恵二の誠実な態度に傾きかけてきた。そのとき車は競走馬と衝突し、恵二は足を骨折して入院することになった。今では雪子の心は恵二に占領されていた。全快祝いの日、雪子は恵二の前に、島田姿で三つ指をついた。だが恵二は、そんないじらしい雪子をどうしても抱くことができなかった。今では恵二も雪子を心から愛するようになっていた。だが、恵二には妻があった。雪子は恵二の幸わせをこわすまいと、一人京都に帰っていった。

解説

「この声なき叫び」の石田守良と九頭竜太郎が共同でシナリオを執筆「落第生とお嬢さん」の酒井欣也が監督した歌謡ドラマ。撮影は「恋人よ」の倉持友一。

1965年2月13日より

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • 日本(1965)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト