殺られてたまるか(1964)

池袋周辺の盛り場一帯は、新興ヤクザ花村組の支配下にあった。網走刑務所を出所して、生れ故郷のこの街に舞い戻った都築敏は、花村組のチンピラに囲まれた女子学生を救ったことから、ヤクザの注目を受けた。右頬に刻まれた傷痕は、都築の過去を物語っている。関根と北見は、都築に名刺を渡して近づいていった。バー“キャッスル”のマダム、サヨは花村組の仕返しを恐れて、都築をかくまい彼の過去を知った。ヤクザで人殺しの父を持った都築は、里子で育ち、成人してからはヤクザの世界に身を投じて父を捜して歩き、人を殺したこともある一匹狼となっていった。夫をヤクザに殺されたサヨは、都築の境遇に心を動かされた。翌日、インテリヤクザ関根を訪れた都築は、花村組をつぶして、この街をのっとろうとする関根・北見の相談に加わった。一方花村組は、サヨを人質にして、都築をおびき寄せたが、硬く結束した三人の敵ではなかった。都築の行動性、関根の頭脳、北見の腕は、花村興業に代っていった。一方では都築は三進商事を経営する大幹部であった。そんなある日、北見が喀血した。都築は代りに北見の子供で、里親に預けてある少年秀夫を訪ね、自分の幼い頃の生活を思い出して胸をしめつけられた。その頃、関根は、花村組と交替に、右翼団体東方会に加わるという誘いをしぶしぶのんでいた。花村組の会長は殺され、関根は、東方会の大沼から横田産業の社長を殺せと命令された。激怒する都築を残して、北見は横田を射つと息をひきとった。関根は殺人教唆で逮捕された。東方会会長木戸を訪ねた都築は、この事件が木戸を陥そうとする大沼の罠であるとみぬいた。そしてこの木戸こそ、都築の父であった。ヤクザから足を洗おうとする息子に、木戸は父と言わず、大沼射殺を子分に命じた。だが、都築も、サヨのアパートの前で花村組によって刺殺された。

解説

西田一夫の原案を「死にざまを見ろ」の中西隆三が脚色「学園広場」の山崎徳次郎が監督したアクションもの。撮影は「若い港」の藤岡粂信。

1964年11月11日より

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • 日本(1964)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト