作品 映画館 ニュース

すっ飛び野郎

大川の畔のとある宿場に伊之吉と呼ばれるやくざがやって来た。時を同じくして、この宿場にやって来た旅人は、平井隼人と呼ぶ浪人であった。大川一家の用心棒として草鞋をぬいだ伊之吉は、たちまち親分捨次の娘加代に惚れてしまった。捨次の家では、その頃、郡代官次席の乗竹佐十郎ら役人が密談をこらしていた。そんなある日、伊之吉と隼人は、偶然大川の賭場で顔を合わせた。隼人を探して宿場にやって来た妹雪路の話では、隼人は許婚者を主君に奪われて以来、武士の生活を捨て家出したのだという。両親の死で兄隼人をつれ戻しに来た雪路を、伊之吉は飲み屋の給仕女に世話した。数日後伊之吉が紙屋久六の漉き紙の荷下しの手伝いをしている時、ぶらりと現われた隼人が浪人に連れ去られた。浪人たちは堀田典膳を頭とする浪人だという。飴売りに化けて浪人長屋に入った伊之吉は回船問屋善兵衛と紙屋久六が、隠密を捜すため、捨次の配下や浪人たちを使っていることを探った。隼人は隠密と思われていたのだ。危い所を救った伊之吉は、善兵衛らが砂金の密輸をたくらんでいるのを知った。そして、隠密を捜し出せぬ大川一家と浪人組とを対立させ壊滅を策していた。罠にかかった捨次は秀を使者に喧嘩状を叩きつけた。一方加代は伊之吉が雪路に傾いていることに嫉妬すると、隼人を襲わせ傷つけたのは伊之吉だと嘘を言いふらした。まにうけた隼人は誤解のまま対決したが、その二人を狙う久六の子分一平に気づいた二人は一平を斬った。懐から出た砂金つみ出しの契約書を見て河岸にかけつけた伊之吉、隼人の二人は自分たちが公儀隠密であることを名乗ると、舟に満載された紙包の中の砂金をあばいて見せた。回船問屋善兵衛、紙屋久六、郡代官乗竹佐十郎の悪事は、ここに露見したのだった。

解説

「孤独」の桜井義久がオリジナル・シナリオを執筆、「この声なき叫び」の市村泰一が監督した股旅もの。撮影は「忍法破り 必殺」の小辻昭三。

1965年04月28日より

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • 日本(1965)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら